買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

Leofoto レンジャー三脚雲台セット LS-225C + LH25 レビュー

カメラ欲が増してきたので、しっかりとした三脚を買ってみました。

Leofoto レンジャー三脚雲台セット LS-225C + LH25

f:id:xmatz:20201007133017j:plain

最初はPeak Designのカーボン三脚が良いなと思っていたのですが、かなり高価な割に性能がそうでもないという記事を発見。

その比較対象として上がっていたのが本製品なのですが、調べてみるとコスパに優れた代物のようです。

 

今回は雲台つきのものを選択しました。国内流通価格だとPeak Designの半額以下です。

 

f:id:xmatz:20201007134240j:plain

箱を開けてみるとキャリングケースと保証書が入っていました。

箱には10年保証とありましたが、保証書には1年と書いてあります。残念。

今回はビックカメラから買ったのですが、サイトには5年って書いてあるんですよね……。

 

正規代理店であるワイドトレードのサイトには、

当社でお買い上げいただいた商品につきましては、ご購入日より1年間の無料保証をお付けいたします。 (カスタマー登録して頂きますと、5年間保証となります。)
平行品や当社お買い上げ商品以外(当社取り扱いメーカーに限る)などにつきましては、修理などは承りますが有料にて行わさせていただきます。

今回は、当社お買い上げ商品以外(当社取り扱いメーカーに限る)にあたると思うので、保証はおそらく1年。ビックカメラのサイトが間違っているのでしょう。

5年だと思ったら1年でしたって詐欺っぽいですけどね……。

 

2020/10/10追記:やはりビックカメラの表記ミスのようです。また、本来は箱の10年保証の箇所に1年保証のシールが貼られているとのこと。

 

f:id:xmatz:20201007134245j:plain

キャリングケースの中身は三脚(雲台取り付け済)、センターポール、色々と詰まった袋です。

 

f:id:xmatz:20201007134246j:plain

袋にはマニュアルや工具類が入っています。マニュアルは英語と中国語のみでした。

いいなーと思ったのは中央の茶色い工具ですね。

 

f:id:xmatz:20201007134249j:plain

これ1つあれば三脚に必要な調整ができるようです。右上のリングが邪魔でマイナスドライバーが地味に使いづらいのは気になる……。

カラビナになっているので、かばんに付けておけばOKです。

 

f:id:xmatz:20201007135514j:plain

三脚本体。雲台を含めても930gしかないようです。雲台なしなら750gとカーボンの軽量さが際立ちます。

基本的にバイクで移動するため、1kg前後に収めたかったのですがバッチリです。

 

f:id:xmatz:20201007143200j:plain

ちなみに雲台を外すと380mmまで抑える事ができます。

ここまで短くなると、キャリングケースもスカスカです。

 

f:id:xmatz:20201007143203j:plain

以前買ったIncaseのDSLR Sling PackIncaseにもジャストフィット。

雲台は別のポケットに入れれば良いですし、レンズ付きのα7R3を入れても勿論問題ありませんでした。 

  

f:id:xmatz:20201007135530j:plain

脚は5段で、パイプ径は上から22/19/16/13/10mmとなっています。一番下の10mmはかなり細いですね。

パイプ径が太ければより安定するようですが、当然重く、ごつくなるということで、細身のものをチョイス。

 

ロック機構はナット式。レバーの方が良かったのですが、目一杯回さなくても伸ばすことが出来るので、そこまで大変では無いかと思います。

 

f:id:xmatz:20201007135533j:plain

根本のロックを外すと脚を広げることができます。

限界まで広げると自動でロックがかかるのは気持ちいいですね。

 

f:id:xmatz:20201007135541j:plain

これが一番使うであろう状態。

 

f:id:xmatz:20201007135538j:plain

やや開きが増した第2段階。マンフロットのPIXIのデフォルト状態くらいでしょうか。

 

f:id:xmatz:20201007135535j:plain

これが最も開いた最終段階。それなりに場所もとりますが、超ローアングルで地面スレスレまで攻めています。

センターポールがないからこそ出来る技ですね。

 

f:id:xmatz:20201007143149j:plain

全伸長は1,515mmということで、脚をすべて伸ばすとかなりの高さが得られます。

見た目は華奢ですが、しっかりしていますね。

 

f:id:xmatz:20201007143156j:plain

狭くて脚を伸ばせない場合や、更に高さを出したいときは雲台と三脚の間にセンターポールを装着します。

 

f:id:xmatz:20201007143158j:plain

これだけ伸びれば高さで困ることはないかと思います。

荷物を増やしたくないので、個人的に出番はなさそうですが……。

 

f:id:xmatz:20201007144336j:plain

雲台はレバーの締め心地もよく、しっかりと固定してくれます。

安物の自由雲台とは動きが違いますね。

 

f:id:xmatz:20201007144340j:plain

クイックシューはアルカスイス互換となっているようです。カメラ側にプレートを装着していきます。

 

f:id:xmatz:20201007144343j:plain

ユリシーズのボディスーツだとややビスの留まりが怪しいかな……。

実用に問題はなさそうなので良しとします。

 

f:id:xmatz:20201007144345j:plain

グラつきもなく、非常にいい感じでした。

 

お手頃価格でカーボンの軽量さを味わえる三脚

カーボン三脚としては破格の本製品ですが、造りが特に悪いと感じた部分はなく、むしろしっかりしていると感じます。

三脚も雲台もカチッと気持ちよく固定できるので、安心感がありますね。

早く外で使いたいのですが、台風が来ているのでしばらくはお預けでしょう……。

  

三脚って、カメラをより楽しむのであれば持っておきたいアイテムの1つですが、持ち運びが面倒そうで、中々手が出せないですよね。

実際問題、結構なサイズで荷物にもなりますし、出来る対策といえば小型で軽量のものを買うということくらい。

そうなるとカーボン一択になり、出費がどっと増えます。お金のかかる趣味ですね……。

 

SLIKなど、カーボンでも一応安価なものはあったのですが、搭載可能重量に余裕がなかったり、ここまで縮長が短くなかったりと、決定打にやや欠ける感じでした。

Leofotoという初めて聞くメーカー、かつ中国発ということで、正直なところあまり期待はしていなかったのですが、見事に裏切ってくれましたね。

もしカーボン三脚をお探しでしたら、候補に入れてみてもいいと思います。

デジカメWatchの取材記事も結構面白いので是非。