買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイクにお金をかける人のログ

ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO レビュー

職場用にイヤホンが欲しいなと調べていたら、ゼンハイザーのモニターイヤホンが14,000円……?

エントリーモデルなのですが、評判もかなり良いようなので買ってみました。IE80ぶりのゼンハイザーイヤホンです。

 

ゼンハイザー IE 40 PRO

f:id:xmatz:20190308125832j:plain

今回購入したのはクリアモデル。ブラックモデルもあるのですが、ゼンハイザーがクリアモデルを出すのは珍しいなと一目惚れ。

ゼンハイザーって2年保証なのが地味に嬉しいですよね。

 

f:id:xmatz:20190308125833j:plain

開封。下の部分は箱。ではなく散乱防止の厚紙カバーでした。エントリーモデルらしいコスト削減が出ています。

 

f:id:xmatz:20190308125838j:plain

イヤホンにマニュアル、ポーチ(中にイヤーピースなど)と、一式です。

ポーチはパカパカとプラスチックの弾力で閉まるタイプのものでした。

 

f:id:xmatz:20190308125840j:plain

ハウジングがクリアですので、中の構造もしっかりと見えます。かなりシンプルですよね。

 

f:id:xmatz:20190308125843j:plain

注目はイヤーピースでしょうか。イヤホン側にフィルターがあるのは一般的かと思いますが、イヤーピースにもフィルターが付いています。

話によるとこれ以外のイヤーピースだと音の聞こえ方が違うとかなんとか……。

 

f:id:xmatz:20190308125847j:plain

脱着式のケーブルですが、MMCXでは……ない。

あまり力を入れなくても取れたので、若干抜け落ちないかは心配になりますね。

ケーブル側に回転防止の爪などもないので、端子を起点にイヤホンがくるくる回転します。イヤホンを装着する向きは一定なので、回転していたりすると少し鬱陶しいです。

 

f:id:xmatz:20190308125849j:plain

付属のポーチにはクリーニングツールとイヤーピースが入っています。

 

f:id:xmatz:20190308125852j:plain

イヤーピースはもちろんフィルターつき。シリコン製が3サイズと、ウレタンが1サイズですね。

 

音楽に!ゲームに!コスパ良好の優等生

エージングもほとんどせずにPixel3に繋いでみたり、PS4に繋いでみたりしました。

まずは遮音性。これはそこまで高くありませんでしたが、それは音楽を流していないときの話。音が出ているときはほとんど気にならないでしょう。

電車では使用できていないのですが、物理的な遮音性がそこまででもないということで、それなりに聞こえてくるのではと予想。イヤーピースをウレタンにしても、そこまで変化なしですね。

 

音質は明瞭で聞きやすく、耳が痛くなるような尖った感じもありません。ここはやはりモニター用らしいですね。疲れないという意味では、長時間やりがちなゲームでもずっと集中していられます。

1万円台のイヤホンは久しぶりに購入しましたが、想像を超えるクオリティでびっくりしています。てっきりもう少し曇った音が出るものと……。

 

デザインなど細々とした部分も私は好きなのですが、唯一不満な部分はイヤホンとケーブルの脱着端子の仕様ですね。できれば固定式にしてほしかったなと。

使ってみて皆さんが絶賛する意味はわかるイヤホンでした。ゼンハイザーデビューにおすすめの逸品でした。

 

ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO Black 【国内正規品】

ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO Black 【国内正規品】

 
ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO CLEAR 【国内正規品】

ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO CLEAR 【国内正規品】

 

Gecco メタルギア ソリッド サイボーグ忍者 1/6スケールスタチュー レビュー

ブログ概要にフィギュアとか書いておきながら初めての記事です。ちょこちょこ買ってはいるんですけどね……。

 

今回は、私がこよなく愛するフィギュアメーカーGeccoから遂に発売された『メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者です。

コナミがあの体なので、『メタルギアソリッド』のフィギュアはもう絶望的なんじゃないかと思っていましたがやってくれました。コジプロの新川さんチェックが通っているとは思いませんが……。

 

Gecco メタルギア ソリッド サイボーグ忍者

f:id:xmatz:20190228173101j:plain

以前Geccoから出ていた『メタルギアライジング』の雷電のように、パッケージはキャラクターの顔をモチーフにしたデザインでした。

 

f:id:xmatz:20190228173106j:plain

箱の側面にはグレイ・フォックスの名台詞「追い込まれた狐はジャッカルより凶暴だ!」

 

f:id:xmatz:20190228173938j:plain

裏側はゲームパッケージっぽさをイメージしているのでしょうか。ロゴが縦になっていたのが懐かしいです。

f:id:xmatz:20190228174101j:plain

Geccoフィギュアではお馴染みのカード。基本貼り付けたままなんですが、集めてる人いるんでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20190228174102j:plain

取扱説明書には核保存棟の研究室。殴り合いのバトルをした場所ですね。

 

f:id:xmatz:20190228174415j:plain

まずはデフォルト状態から。付属品は高周波ブレードとレーザーガンのバッテリーです。バッテリーはマグネットが仕込まれており、くっつきます。

書いてて思いましたが、レーザーガンつけてないときはバッテリーつけなくてもいいのかな。

新川さんの画にはバッテリーとブレードがケーブルで繋がっていたりするので、この状態でもバッテリーはあるのが正解な気もする。まあ、このサイボーグ忍者のブレードにケーブルはないのですが……。 

 

f:id:xmatz:20190228174417j:plain

背面もめちゃくちゃカッコいいです。この流れるような強化骨格の美しさは、こちらを正面に向けて飾ってもいいくらいですね。

 

f:id:xmatz:20190228174427j:plain

ブレードを外して、もうこれでもかと背面をプッシュします。

 

f:id:xmatz:20190228174434j:plain

そこまで情報量が多いわけでもないデザインですが、隆々とした感じがわかりますかね。あと立派なお尻。

これに限らず、サイボーグ忍者のフィギュアってお尻の造形が妙に良かったりしますね。(オーバーウォッチのゲンジフィギュアもお尻推し)

 

f:id:xmatz:20190228174438j:plain

胸元のこの肉体美も美しい……。原作ではカクカクのポリゴンだったわけで、ここまで読み取ることは困難なのですが、サイボーグ忍者ってこうだよねと納得させるだけの造形の妙。

 

f:id:xmatz:20190228180042j:plain

台座はメタルギアREXと戦った地下基地がモチーフでしょうか。世界観がしっかりと表現されています。

 

f:id:xmatz:20190228180056j:plain

ちなみに『メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者は頭部に凹みがないのが特徴です。凹みがあるのは『メタルギアライジング』のサイボーグ忍者スキンですね。

 

f:id:xmatz:20190228180045j:plain

デカールもこのサイズで潰れることなく表現されていました。凄い……。

 

f:id:xmatz:20190228180053j:plain

バッテリーパックのデカールなんて更に小さいんですよ。もうよくこんなの表現できたなと。Geccoのクオリティは国内メーカーでも屈指だとは思いますが、本当に化物ですね。


f:id:xmatz:20190228181342j:plain

更に頭部には発光ギミックも搭載。もう少し赤い感じだとイメージ通りでしたね。

昔に出た『メタルギアライジング』の雷電にも発光ギミックは仕込まれていましたが、光漏れが結構酷くて目の周りもぼわっと赤かったんです。

今回はそのような漏れ方もなく、しっかり中心だけが光っているように見えます。

 

f:id:xmatz:20190228181338j:plain

ちなみに発光させるとグレイ・フォックスの素顔が見えるという作り込み。

Geccoで言えば『ダークソウル』の上級騎士オスカーやジークマイヤーなどでも中の作り込みはされていましたが、まさかサイボーグ忍者でもやってくれるとは……。

 

f:id:xmatz:20190228181901j:plain

そして次なる付属品。レーザーガンとバイザーオープン状態の頭部です。

こちらの出来もいいので、この状態でも飾りたくてもう一体欲しいレベル……。

バイザー部分が若干華奢なので、取り外しの際に少し怖い点が難ですね。

 

f:id:xmatz:20190228181908j:plain

こういってはなんですが、色味もあって、ちょっとロックマンぽいですよね。

 

f:id:xmatz:20190228181917j:plain

素顔は血の汚れのような塗装がされています。目は上向きなので、リキッドに潰されている時に睨みつけているような表情にも思えます。

念の為に発光させてみましたが、顔がぼわっと点灯しました。間違いなく意味はありません。

 

f:id:xmatz:20190228181920j:plain

よく見るとクローズ状態より赤いリベット?がせり出てますね。設定があるんでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20190228181913j:plain

レーザーガンの造形も細かなパーツ盛りだくさんですが、しっかりと作り込まれています。このデカールも異常な細かさです……。

 

f:id:xmatz:20190228181915j:plain

 

レーザーガンの裏面にはバッテリーパックが装着可能。取り外せる必要もほとんどないのに、わざわざ別パーツにするGeccoが好きです。

 

メタルギアソリッド』ファン必携のサイボーグ忍者

f:id:xmatz:20190228180038j:plain造形、塗装なにをとっても「スゲェ」と言わせてくるGeccoですが、今回もまた神がかかったクオリティのフィギュアを出してくれましたね。

メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者は、シリーズ屈指の人気キャラにも関わらず、ハイクオリティな造形には恵まれることはありませんでした。

が、2019年になってようやく手放しで褒められるものが登場したといえるでしょう。どこをとってもまさに決定版、マスターピースといえるサイボーグ忍者。ありがたや……。

 

Geccoのフィギュアは再生産が稀で、高騰することも多いです。プレミア価格になる前に買っておくのがおすすめです。 

メタルギア ソリッド/サイボーグ忍者 1/6スケール スタチュー

メタルギア ソリッド/サイボーグ忍者 1/6スケール スタチュー

 

キャスター付きチェアのキャスターを変えてみたら快適になった話(Novonestチェア用交換キャスターレビュー)

突然ですが皆さんは自宅でどんな椅子を使っていますか?

 

今まで私はキャスターの無い椅子ばかりを使ってきたのですが、引っ越しを機にキャスター付きチェアを導入してみました。

アーロンチェアとかいろいろ悩んだのですが、引っ越ししたばかりで節約したかったので、ぱっと見良さそうだったバウヒュッテのゲーミングチェアを使用しています。

 

 ゲーミングチェアにありがちな肘置きがないので、如何様にでも座れるのが個人的にはポイントだったり。

気に入って使っているのですが、なにやら異変が……。

 

明らかに滑りの悪くなるキャスター

これを使いはじめてから半年を過ぎたあたりなのですが、如何せんキャスターのすべりが悪くなってきました。

すべりが悪くなると椅子を引きずる形になるのでフローリングに傷も付きやすくなります。

 

裏を見てみると駆動部におびただしい量の髪の毛が絡みついている状況……。

調べてみると結構そういう方は多いようで、除去方法を調べてみるとパイプユニッシュやらなんやら面倒くさい臭いしかしません。

ライターで髪の毛を焼いてみたりもしたのですが、ほとんど無意味でした。

 

f:id:xmatz:20190226151839j:plain

キャスター付きチェアの9割くらいがこれなんじゃないかと思えるくらいのこの2輪タイプ。カバーがあったり、車輪が外せなかったりメンテナンス性については何も考えられてないんですよね。安いから仕方ないか……。

 

キャスターを調べてみる

メンテナンスの手間も惜しいので買い替えの方が楽だな……と、Amazonでキャスターを調べていると色々出てきました。

差し込み部分は規格になっているようで、種類もそれなりに豊富です。

 

“ 椅子 キャスター”で調べると一番に出てくるこれ。ホイールがウレタン製なので床に傷がつきにくいらしい。お値段も1350円とお財布に優しめ。

ただ問題は先程書いたとおりメンテナンス性の悪い2輪タイプだということ。一時的な解決にはなりそうですが、長期的に見てまた買い直しになりそうな予感がします。

 

そして関連商品にあったのがこちら。ホイールが大型かつ1輪とメンテナンス性はよさそう。スケボーとかローラーブレードのようなタイヤのようで、ある程度のかっこよさもアリ(重要)。

ただし値段は2000円ちょっとと若干高めですが、長く使えそうだと、購入してみました。

 

Novonestチェア用交換キャスター

f:id:xmatz:20190226154251j:plain

 箱に入っていたのですが、白箱で見栄えもしないので開封後です。キャスターって基本5個なのも規格なんでしょうかね……気になる。

 

f:id:xmatz:20190226154523j:plain

クリアホイールで見た目はいい感じ。少なくとも前のキャスターとは比べ物にならないレベルだとは思います。

 

f:id:xmatz:20190226154529j:plain

規格である差込部分。お手持ちのキャスター付きチェアも、基本的にはこのタイプではないでしょうか。

 

f:id:xmatz:20190226154533j:plain

車輪だけじゃなくて、回転部分にもベアリングを確認できますね。

 

f:id:xmatz:20190226154536j:plain

交換自体はマイナスドライバー1本で3分もかからないでできました。素手で抜こうとすると心が折れそうになるので、テコの原理で取っていくのがオススメです。

  

滑りが良くなっただけでなく音も静かに

まだ交換して間もないですが、本当に快適です。

滑らせたときのなめらかさはデフォルトの新品状態よりも圧倒的に上ですね。

ガラガラーといった音も鳴らず、どうせならこれをデフォルトにしてほしいと思えます。

Amazonのレビューに移動時に抵抗があると記載されていましたが、指1本で動かせるくらい軽い負荷で動かせたのであまり心配しなくてもいいのかなと。

個人的な不満は全くありませんね。キャスターを買い換えるのであれば是非。

 

記事書いてたらロック機構つきのを見つけてしまって、こっちにしておけばよかった感……。

ソニー Cyber-shot DSC-RX100M6 レビュー

光学ズームのできる機種が欲しい……と、RX100M3ぶり2代目のRX100シリーズです。

今まではDSC-RX1RM2の解像度の暴力でどうにかしていたのですが、荷物を減らしたい欲もあって買い替えに至りました。

フルサイズで暗所も強いし、最高に良い画質のカメラなんですけどね。

 

DSC-RX100M6

f:id:xmatz:20190222144757j:plain

シリーズを経ることに値上がりしていくRX100シリーズ。高機能・高性能なのはわかるのですが、1型センサーのコンデジにこの価格……というのは中々勇気がいります。

 

f:id:xmatz:20190222144803j:plain

アクセサリーは必須ともいえるアタッチメントグリップとガラスシートを購入。

ガラスシートは純正だと高いですが、サードパーティだとコーティングが剥がれるとかなんとか……。

 

f:id:xmatz:20190222144814j:plain

付属品はM3の時と変わってないかなと。バッテリー以外使わないんですけどね。

 

f:id:xmatz:20190222144817j:plain

見た目は厚みが若干増えたかなくらいの違いでしたが、M3と比べて明らかに重くなってます。持った瞬間にズシッときました。

 

f:id:xmatz:20190222144819j:plain

液晶はタッチパネルに対応。故にガラスフィルムにしておきたいところですね。

 

f:id:xmatz:20190222144842j:plain

端子は相変わらずmicroUSBのまま。Type-Cが良いなと思いつつ、バッテリー充電もSD読み取りもカメラから取り外すので個人的には意外とどうでもよかったり。

 

f:id:xmatz:20190222144846j:plain

RX1RM2のに慣れてると流石に底面のスロットカバーはチープです。あちらは閉めればロックされますからね。比べるのは酷ですが……。

 

f:id:xmatz:20190222144857j:plain

フラッシュとEVFも勿論完備。EVFは引き出さなくても良くなったので、使い勝手がかなり良くなりました。

M5までは引き出し式だったので長かったですね。

  

f:id:xmatz:20190222144902j:plain

バリアングル液晶は可動域が若干増したような気がしますが、どうなんでしょう。

M3の時と同様に自撮りにも使えます。どんなシーンでもいける万能感は心強い。

 

f:id:xmatz:20190222144905j:plain

下側にも結構向けられるので、人混みの中とかでも活躍してくれますよ。

 

f:id:xmatz:20190222144906j:plain

光学ズームを最大まで出すとそれなりにせり出してきます。よくこの小型ボディに詰め込みましたね。

 

光学ズームの良さを改めて感じるベストサイバーショット

M6を買う大半の理由が200mm光学ズームだと思います。

実はズーム機としてHX90Vなども持っていたのですが、センサーが弱く夕方以降になると頼りなかったんです。なので、RX100の1型センサーなら多少マシになるだろうという算段。

 

HX90Vのような超高倍率ではないですが、高画質との両立という面で見ればこれが最適解なのではないかと思います。

超解像ズームまでは実用的な範囲なので、数字以上にバンバン使える感じです。動物を撮るのが捗ります。

 

他にもタッチフォーカス対応に加え、フォーカス速度も爆速になっていたので、撮影時の快適さは段違い。強いて言えば、もう少しタッチ対応してほしいかな……。

 

M5と比較して暗いレンズにはなってしまっていますが、こればかりは仕方ないですね。NDフィルターも非搭載なのも手痛いですが、外付けという荒業もあるので妥協点でしょうか。

 

魅力的な機種が出るまでは、相棒として仕事にプライベートに色々活躍してくれそうです。

 

ソニー SONY モニター保護ガラスシート PCK-LG1

ソニー SONY モニター保護ガラスシート PCK-LG1

 

PlayStation 4 Pro KINGDOM HEARTS III LIMITED EDITION レビュー

今更感の塊ですが、中々気合の入った限定版本体でしたので紹介していきます。

 

PlayStation 4 Pro KINGDOM HEARTS III LIMITED EDITION

f:id:xmatz:20190207192641j:plain

これまでの限定版本体とは一線を画する化粧箱ですね。

こちらのデザインは本体に印刷されているものと同様のデザインになっています。

 


f:id:xmatz:20190207193307j:plain

革風のシボ加工がされた特製トップカバー仕様です。

豪華で良いと思うのですが、個人的にはピクトグラムのほうが可愛くてキングダムハーツらしいのでは……とも。

 

f:id:xmatz:20190207193311j:plain

本体正面の中央にはピクトロゴが配されています。

シリーズを歯抜けにプレイしたせいか、半分くらい何のロゴかわからない……(困)

 

f:id:xmatz:20190207193317j:plain

本体よりこちらのほうが本命なのではと思えるコントローラー。

テカテカの光沢ボディにデザインを印字。ボタンもモノクロになっています。使うのが勿体無いですね。

 

f:id:xmatz:20190207193324j:plain

あとの同梱物はソフトとコードですね。ソフトはDL版にしてくれるともっと嬉しいですがどうにかならないものか。

その点任天堂とかのほうが進んでた気もしますね(3DSあたりであったような……)。

 

f:id:xmatz:20190207193326j:plain

おそらくですが、7200番から消費電力が300Wになった影響で電源ケーブルがメガネに変更されていました。500 Million限定版は在庫処分だったか……。

 

parka.hatenablog.com

 

まだゲームは遊べていないのですが、『キングダムハーツ3』自体の評判は良いみたいですね。

個人的にもスクエニにしてはまともなアクション性をもったゲームだと思うので、早くプレイしたいところです。

 

 地味に今在庫が復活しているので、買い替えを検討されているようでしたら是非。本体はなにかと最新型がいい……。

iRobot ロボット掃除機 ルンバ e5レビュー

PayPayのポイントを有効活用して買ってきました。

ずっと欲しいなと思っていたものの、中々手が出せ無かった待望のロボット掃除機です。

 

Roomba e5

f:id:xmatz:20190204212623j:plain

ルンバの800シリーズの後継機である最新モデルe5を選択。ハイスペックになっていながらも価格は890シリーズより安価になっているとかなり魅力的なモデルですね。

 

ビックカメラで購入したのですが、890シリーズもほぼ同等の価格まで投げ売りされていました。選択する理由はありませんが……。

 

f:id:xmatz:20190204213250j:plain

光沢のボディで指紋はバッチリ目立ちます。ここはつや消しが良かったですね……。静電気でホコリとかも付いちゃいますし。

 

f:id:xmatz:20190204213302j:plain

裏面。ブラシって片方にしかついていないんですね。中央のローラーはかなりゴツくていろいろ吸い込んでもらえそうです。

 

f:id:xmatz:20190204213613j:plain

ルンバの家となるホームベース。思いの外軽いので、電源ケーブルのコシがあるとそっちに持っていかれます。

 

f:id:xmatz:20190204213616j:plain直で電源ケーブルを挿せるので、ACアダプターが不要なのは良いですね。

 

f:id:xmatz:20190204214315j:plain

付属品は交換用フィルターとバーチャルウォールですね。ペットのトイレまわり等で活躍してくれそうです。

 

f:id:xmatz:20190204213931j:plain

側面のこの部分を押すと……

 

f:id:xmatz:20190204213938j:plain

カポッと

 

f:id:xmatz:20190204213942j:plain

ダストボックスが取り外せます。e5のダストボックスは水洗いに対応しているのがウリなのですが、これまで対応していなかったのが信じられません……。

 

f:id:xmatz:20190204214629j:plain

早速設置してみました。場所はいろいろと悩んだのですが、結構大きいのでベッドの下に格納する形に。

 

f:id:xmatz:20190204214633j:plain

wifiにも対応しているため、スマホから操作ができるので、別にボタンが押せる所に置く必要もないというわけです。

清掃力はバツグンだけど、当たりが激しいのが玉にキズ

ルンバが家に来てから約1週間が経ちました。これまではマキタのスティック掃除機で頑張っていたのですが、細かなチリなどは取り切れていませんでした。ベッドの下に関しては取り切れずにコロコロとしたホコリが見えるレベルです……。

 

いきなりそんな過酷な環境に放り込んでしまったのですが、健気に頑張ってもらいビックリ。目に見えるホコリはほぼ完璧になくなり、足の裏に付いていたような床の細かなチリまで気にならないレベル!(ボディはホコリまみれでしたが)

どうしても狭い角などはブラシが届きづらいので甘くなりがちですが、99%はピカピカになるまでしっかり掃除できている印象です。

 

欠点といえばガシガシと壁や家具に当たる点でしょうか。

f:id:xmatz:20190204215851j:plain

掃除1回でここまでズタボロになります。流石に新品購入してすぐにこれは悲しくなりましたね。もう少しソフトタッチにならないものか……。

家電側の傷は消耗品と割り切ればいいのですが、家側の傷は若干気になるところ……フェルトでも貼ったほうがいいのでしょうかね。

 

掃除機としての性能の高さは、想像以上でした。掃除機をかける手間がなくなる&自分でやるよりキレイと、使わない理由が見当たりません。もっと早く買っておけばよかった……。

水洗いできる点もオンリーワンなので、買うなら最新モデルのe5がオススメです!

 

 

東プレ REALFORCE TKL R2TL-USV-BK レビュー

キーボードの王様が遂にやってきました。出たばかりのR2テンキーレス・英字配列・変荷重モデルです。

ヨドバシ流通分ではワイヤーキープラーが付属するみたいです。故に梱包が解かれているとのこと。(東プレの人談)

 

R2TL-USV-BK

f:id:xmatz:20190114232209j:plain

業務用のようだった以前のREALFORCEの箱と比較すると一般向け感が出ましたね。

 

f:id:xmatz:20190114232211j:plain

筐体は、R2になってかなりシェイプアップされました。

黒キーボードに黒の印字がカッコいいです。視認性は良いとは言えませんが、これを使う人は印字なんてそんなに見ないでしょう……ってことなのかなと。

 

f:id:xmatz:20190114232300j:plain

側面から。キーがフラットではないのですが、REALFORCEの特徴らしい。

これはもう感覚的なもので、とにかく打ってみてくださいというのが一番いい言葉かもしれません。とにかく打ちやすいです。

 

f:id:xmatz:20190114232248j:plain

裏面に配置されたラバーは、かなりグリップ力が高く、重めの重量もあってか滑らないです。

さらにスタンド、ケーブルを3方向に出せるスリットつき。

 

f:id:xmatz:20190114232303j:plain

一般的には、ケーブルがキーボードの中央から出ていることが多いですが、このスリットのおかげで置き場所に自由度が増します。

ディスプレイ側に密着できるので、見た目はワイヤレスキーボード並にスッキリします。すべての有線キーボードに採用してほしいくらいです。

 

f:id:xmatz:20190114232302j:plain

スタンドは1段階。キーも考えられていますし、傾斜的にも必要十分かと。

  

f:id:xmatz:20190114232240j:plain

おまけに付属のワイヤーキープラーです。

長く使いたいですから、クリーニングもこまめにしたいですね。

指の疲れは何処へ。ゲームにもオススメ

使用してから約1ヶ月が経ちますが、タイピング疲れは本当になくなりましたね。

(以前使っていたロジクールのメカニカルキーボードが重すぎたというのはありつつ。)

 

今回は変荷重モデルなので、中央が重く、外側にかけて軽くなるという仕様で、外側に関しては指を置くだけでいいくらいフワッと押すことができます。

私の場合だと薬指の疲れが顕著だったのですが、その悩みがなくなって今は非常に快適です。もっと早く知りたかった……。

また、きちんとフルNキーロールオーバー仕様なので、FPSを遊ぶときも全く不自由なく、荷重が軽いおかげで長時間のプレイも苦じゃなくなったのは嬉しい限り。

評判通りの素晴らしいキーボードですね。

 

個人的な話題として、実はこれが頂き物だったりするのですが、一生ものレベルで使える代物ですし、キーボードのプレゼントって意外といいのかも?と思ったり……。