買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイクにお金をかける人のログ

東プレ REALFORCE TKL R2TL-USV-BK レビュー

キーボードの王様が遂にやってきました。出たばかりのR2テンキーレス・英字配列・変荷重モデルです。

ヨドバシ流通分ではワイヤーキープラーが付属するみたいです。故に梱包が解かれているとのこと。(東プレの人談)

 

R2TL-USV-BK

f:id:xmatz:20190114232209j:plain

業務用のようだった以前のREALFORCEの箱と比較すると一般向け感が出ましたね。

 

f:id:xmatz:20190114232211j:plain

筐体は、R2になってかなりシェイプアップされました。

黒キーボードに黒の印字がカッコいいです。視認性は良いとは言えませんが、これを使う人は印字なんてそんなに見ないでしょう……ってことなのかなと。

 

f:id:xmatz:20190114232300j:plain

側面から。キーがフラットではないのですが、REALFORCEの特徴らしい。

これはもう感覚的なもので、とにかく打ってみてくださいというのが一番いい言葉かもしれません。とにかく打ちやすいです。

 

f:id:xmatz:20190114232248j:plain

裏面に配置されたラバーは、かなりグリップ力が高く、重めの重量もあってか滑らないです。

さらにスタンド、ケーブルを3方向に出せるスリットつき。

 

f:id:xmatz:20190114232303j:plain

一般的には、ケーブルがキーボードの中央から出ていることが多いですが、このスリットのおかげで置き場所に自由度が増します。

ディスプレイ側に密着できるので、見た目はワイヤレスキーボード並にスッキリします。すべての有線キーボードに採用してほしいくらいです。

 

f:id:xmatz:20190114232302j:plain

スタンドは1段階。キーも考えられていますし、傾斜的にも必要十分かと。

  

f:id:xmatz:20190114232240j:plain

おまけに付属のワイヤーキープラーです。

長く使いたいですから、クリーニングもこまめにしたいですね。

指の疲れは何処へ。ゲームにもオススメ

使用してから約1ヶ月が経ちますが、タイピング疲れは本当になくなりましたね。

(以前使っていたロジクールのメカニカルキーボードが重すぎたというのはありつつ。)

 

今回は変荷重モデルなので、中央が重く、外側にかけて軽くなるという仕様で、外側に関しては指を置くだけでいいくらいフワッと押すことができます。

私の場合だと薬指の疲れが顕著だったのですが、その悩みがなくなって今は非常に快適です。もっと早く知りたかった……。

また、きちんとフルNキーロールオーバー仕様なので、FPSを遊ぶときも全く不自由なく、荷重が軽いおかげで長時間のプレイも苦じゃなくなったのは嬉しい限り。

評判通りの素晴らしいキーボードですね。

 

個人的な話題として、実はこれが頂き物だったりするのですが、一生ものレベルで使える代物ですし、キーボードのプレゼントって意外といいのかも?と思ったり……。

 

 

 

何故、HTC U12+を手放してPixel 3にしたのか

Pixel 3を使用開始して約1ヶ月。ファブリックケースの都合上バンカーリングがつけられないこと以外は、快適に使用できています。

今回は何故HTCのフラグシップ機であるU12+をやめ、カタログスペックも劣るPixel 3にしたかをつらつらと書いていきたいと思います。

まず、Pixel 3の記事でも書きましたが、ずっと注目してきた機種の最新版が遂に国内投入というのが理由の一つ。
新しいものが使いたい。話題のものが使いたいというのは、ガジェッターなら誰しも持つ欲求でしょう。
それなりに高性能のデジカメを持ちつつも、Pixel 3のカメラはなにかと興味をそそるものでした。

ただ、鞍替えした一番大きな理由はU12+への愛着の喪失です。
知人がU12+を買おうとしているのであれば、私はそれを止めるでしょう。私がハズレを引き続けただけかもしれませんが、以下が事の顛末です。

U12+の品質に疑問を抱く1ヶ月

実は私の購入したU12+は初期から画面に傷が入っており、すぐに直販へ連絡しました。
なお、HTCのオンラインショップでは、初期不良などの交換は行っておらず、HTCのサポートにて交換になるとのこと。(ここで、Amazonで買っておけばと若干ダルくなる。)
HTCのサポート自体の連絡は早く、返送もすぐに行いました。そこから2週間ほどでしょうか、ただの交換にしては長めですね。
待ちに待った本体はもちろん傷一つなく、ようやく使い倒せる!……はずでした。

セットアップ中、ある事に気付きます。なんだか液晶の色が本体の上下で違う。真っ白の画面を映すとよくわかるのですが、上側が青白く、下側が黄色がかっていました。
他の人にも見てもらいましたが、どうみても黄色いねとのことだったので、再びHTCのサポートへ連絡。再度端末を送付して、検査へ。今回も手元に来るまで2週間ほどかかりましたね。
サポートからは、症状を確認出来なかったのですが、新品の端末に交換しますとのことでした。

さてさて、改めて到着した本体はどうだったかというと、お察しの通り変わりませんでした。
頭を抱えながら、HTCのサポートへ三度連絡。相変わらず黄色いですけど、この液晶は仕様なんですか?と直球で聞いてみましたが、仕様なんだそうです。衝撃でした。10万円の端末でどえらい仕様ですね。

仕様とわかった途端、時間と金をドブに捨てたと、U12+への愛想が尽きました。

旧機種を使うのも癪だったので、諦めてU12+は使っていました。新機種が出たらさっさと変えてやろうと。
不思議ですよね。愛も情も無ければ、気になる部分だけが悪目立ちするんです。

普通に使ってる分には、感圧の電源・音量ボタンも気になることはなかったですが、横になりながらいじってたら、ベッドでボタンが反応してしまい、画面が消えたり音量があがったり……。
物理ボタンって良いんだなあってしみじみ思ってしまいましたよ。

画面の色について、購入時にで気づかなかったの?の言われれば、テンション上がりすぎてて気づけなかったんでしょう。それより傷の方がショックでしたし……。

そして、そんな気分のなかPixel 3が出てきたら買っちゃいますよね。抗えない不可抗力……。

ただの愚痴記事でした。

Omnicharge Omni20 USB-C レビュー

USB-Cで機器を揃えたら、バッテリーもUSB-C対応にしましょう。

Anker製を好んで使用していましたが、USB-C対応のものはあまり評判がよろしくなく、Twitter本田雅一氏が絶賛していたので、同一のものを購入してみました。

 

このバッテリーは約25,000円と全く安くないですが、USB-C1ポートで60W、2ポートを使用すれば100Wという驚異的なパワーを誇ります。もはや敵なし。現状最強のモバイルバッテリーといっても差し支えないでしょう。

Omni20 USB-C

f:id:xmatz:20181215220433j:plain

コアな人しか知らないようなメーカーだとは思いますが、ビックカメラヨドバシカメラなどでも普通に手に入れることができます。

 

f:id:xmatz:20181215220504j:plain

モバイルバッテリーらしからぬ梱包。もっと簡素でいいんですけどね……。

 

f:id:xmatz:20181215220438j:plain

中身はこちら。バッテリー本体に加え、USB-C to USB-Cのケーブルが1本、ステッカー、マニュアル類ですね。

マニュアルのホッチキスがちょっと変わっていて、バインダーなどに挟み込めそうなんです。これはちょっと便利そう。

 

f:id:xmatz:20181215220523j:plain

本体は梨地のボディで手触りは非常にさらさらしています。傷も付きにくそうです。

パワーや容量のこともあり、筐体のサイズは大きいですね。重さも500g程度あります。

まあ、このサイズでスマホだけでなく、ノートPCも充電できると考えたら軽い気もしますが……。

 

f:id:xmatz:20181215220533j:plain

前面にはボタン類と、USB-Aポートが2つ。こちらは両ポートとも3Aの高出力対応となっています。

ステータスが見られる有機EL画面も特徴的ですね。ただこちらは画面の保護がなさそうで、若干衝撃に弱そうです。

 

f:id:xmatz:20181215220537j:plain

f:id:xmatz:20181215220547j:plain

側面にはUSB-Cポートが備えられています。USB-C/HUBと記載されている方をPCにつなぐとOmni20をUSBハブとして使用することが可能。

昔のMacBookのようなUSBポートが少ないPCなどで活用できそうです。

 

f:id:xmatz:20181215220553j:plain

有機EL画面では、残りのバッテリー残量や出力、温度などの状態が確認できます。

どれくらい出力できているかなど、視覚的にわかるのはいいですね。

 

f:id:xmatz:20181215220812j:plain

他にもバッテリーの寿命を延ばせる充放電の容量指定設定、バッテリーの充電サイクル確認など、機能が満載。

高価な製品ですので、いたわり充電で長く使えるのは嬉しい限り。

 

f:id:xmatz:20181215220801j:plain

その他設定には画面オフまでの時間、電源オフの時間、温度表示の切り替えがありました。

 

買って間違いなしなモバイルバッテリー

スマホだけにモバイルバッテリーを使用していた身からすると、やはりサイズは引っかかる部分でした。ただ、機器が増え、既存のモバイルバッテリーでは対応できない。では、充電器も持ち歩こうというのも癪ですよね。

高出力かつ大容量のOmniさえあれば、スマホ、PCがどこでも使い込めるというのは実にありがたいです。ワガママな私の要望を満たした製品でした。

 

OmniのラインナップにはUSB-Cだけではなく、コンセントを備えた製品もあります。もし、今後モバイルバッテリーを購入しようとしているのであれば、検討する価値のある製品だと思いますよ。

 

 

Omnicharge Omni13 モバイルバッテリー AC電力65W 高速USB充電 13600mAh

Omnicharge Omni13 モバイルバッテリー AC電力65W 高速USB充電 13600mAh

 

 

 

Google Pixel 3 & Google Pixel 3 ケース & Google Pixel Stand 開封レビュー

スピーカー、iPadときて、次はスマートフォン。欲しいものが発売されすぎて、出費が止まりません。

 

遂にやってきましたね。Pixel 3。夏にHTC U12+を買ったばかりですが、歴代Pixelの評判を見てきたこともあり、乗り換えを決意。発送が伸びに伸びて。ようやく到着です。

 

f:id:xmatz:20181126200430j:plain

必須アクセサリーとも言える、Google Pixel 3 ケース 、Google Pixel Standももちろん購入しています。

 

Pixel 3

f:id:xmatz:20181126200432j:plain

Pixel 3から開封していきます。SIMフリーモデルの128GBモデルにしました。

microSDが刺さらないのは初代から変わらずですが、ハイレゾ音源とか動画を入れすぎなければ大丈夫なはずです(同仕様はEssential Phoneで経験済み)。

 

f:id:xmatz:20181126200435j:plain

付属品はUSB-Cケーブル、充電器、USB-C to オーディオミニプラグ、USB-C to USB-Aアダプター、Pixel USB-Cイヤホン、SIMピン、ステッカー、書類と充実しています。

 

f:id:xmatz:20181126200440j:plain

 デュアルカメラに、ステレオスピーカーが目立つ前面。また、写真のPixel 3には、画面保護ガラスを貼り付け済です。

今回はHTC U12+のときに貼り付けていたGosento社のを使用しました。表示部分の横幅ぴったりでおすすめです。枠付きのだとどうしても画面が欠けますからね。

 

f:id:xmatz:20181126200442j:plain

しばらくしたらマシにはなりましたが、一部が少し浮いてしまうのは仕方なさそうです……。

 

f:id:xmatz:20181126200441j:plain

透き通った乳白色が美しい背面!写真ではすっかり潰れてしまっていますが、下側は磨りガラスのようになっており、手触りが異なります。

シングルカメラですが、デュアルカメラ以上に優秀な写真が撮影できると評判ですね。

 

f:id:xmatz:20181126200502j:plain

ミントグリーンの電源ボタンが、アクセントとして配されていますが、ものすごいツボです。ティザーでは、ミントグリーンカラーを期待させるような感じだったので、肩透かし感は否めませんが……。

 

f:id:xmatz:20181126200503j:plain

底部にUSB-Cポート、SIMスロット。変哲もない部分ですが、USB-Cポートは物理的なエッジが効いてて、かっこいいんですよ。

店頭だと防犯的に見られないかもしれませんが、機会があればぜひ見ていただきたい……。無駄に指でなぞりたくなります。

 

Google Pixel 3 ケース

f:id:xmatz:20181126200506j:plain

お次はGoogle Pixel 3 ケース。ファブリック製で、バンカーリングがつけられない厄介なケースです。

 

f:id:xmatz:20181126200510j:plain

カラーはフォグを選択。Gのロゴがシンプルですね。

f:id:xmatz:20181126200512j:plain

内側は傷つきにくそうな素材で覆われています。ミントグリーンでかわいいのですが、装着すると当然ながら全く見えません。

 

f:id:xmatz:20181126200515j:plain

ボタンのカラーがケースの色ごとに異なるので、気分転換に他の色のケースを使うのもありかもしれません。もう少し安いと嬉しいですよね。

Google Pixel Stand

f:id:xmatz:20181126200518j:plain

最後はGoogle Pixel Stand。USB-CケーブルとPixel 3本体についてきたものと性能が同一の充電器が付属します。見比べると印字が微妙に異なる模様……。

スタンドはマットなシリコンで、汚れがついたら面倒くさそうな予感しかしません。

 

f:id:xmatz:20181126200520j:plain

底面は滑り止めのラバー仕様。なお、このオレンジカラーもほぼ見えなくなる模様……。

 

f:id:xmatz:20181126200526j:plain

置くだけで充電されるというのはやはり便利ですね。Pixel 3であれば、急速充電にも対応。

置いたときにフォトフレームや、アラームがなる前に段々と明るくなるめざましディスプレイといった細々とした機能や、Pixel 3をGoogle Homeのように使用できるのですが、はっきりいって使われていません。

 

まだ生活にGoogleアシスタントが根付いていないということもあり、今はただのワイヤレス充電器。これから便利になっていくんでしょうかね……。

 

使ってみての所感 

現在は、Pixel 3を使って約10日ほどですが、動作がキビキビしていて、ストレスを感じる部分がありませんね。余計なものが入っていないというピュアAndroidというのも大きいでしょう。

LINEモバイルのSIMを入れてるのでChromeにブックマークが入ってるのが若干鬱陶しいです。com.android.providers.partnerbookmarks的なので消せないんですかね。)

RAMが4GBというのは、初代から全く変わっておらず少し残念ですが、Googleがこれをリファレンスとして使うなら大丈夫なのでしょう……。

 

表に出ないところとしては、内蔵ストレージの性能が良く、ファイルコピーの速度がめちゃくちゃ早いです。Pixel 3からなら非圧縮で容量無制限にGoogleフォトにアップロードできるということもあり、すべての写真をPixel 3にコピーしていたのですが、あっという間でした。

カメラも素晴らしいですしね……この特典は悪魔的魅力!実は最近カメラを買ったのですが、普段の写真だったらPixel 3でいいんじゃないかってクオリティですよ。

 

今後3年間はアップデートが約束されているということもあり、Androidで困ったらPixel 3にしておけ的な端末になっているのではないでしょうか。

 

まぁ来年Pixel 4が発売されたら買っちゃうんだろうけども。

Apple iPad Pro 11 (2018) & Smart Keyboard Folio & Apple Pencil 開封レビュー

今使っているノートPCを外出先で使うのが億劫になってきたので、一式買ってみました。

 

基本的な処理速度などはもちろんですが、個人的に一番重要視しているのがUSB-Cでの充電です。本当はVAIO S11がいいんですけど、USBPDに対応していない始末……。

そこにiPadがLightingを廃止、USB-Cを搭載ということで導入を決意。買って即返品したiPad mini以来のApple製品です。

 

iPad Pro 11

f:id:xmatz:20181109114340j:plain

iPad Proは256GB セルラーモデルにしました。総額17万円と、普通に良いところのPCが買える位の金額ですね。高い……。

 

f:id:xmatz:20181109114352j:plain

まずは本体です。ベゼルレスと言うには太いですが、狭額ですね。液晶の品質は流石で、ただただ美しい!

なお、こちらには下記の画面保護ガラスを貼り付けています。 

 

iPad Pro 2018 11inch ガラスフィルム 「GLASS PREMIUM FILM」 光沢 0.33mm

iPad Pro 2018 11inch ガラスフィルム 「GLASS PREMIUM FILM」 光沢 0.33mm

 

カメラ周りが切り欠きされており、Face IDもバッチリ対応しています。

一点、注意事項として、iPad側のガラスのセンサー周りだけ微細な凹凸があるのか、3箇所浮きのようなものが発生しました。

この状態だと切り欠きされていない部分のセンサーが誤動作してFace IDが使えませんでした。そこを強めに押して空気を抜いてあげると無事動作するようになります。

 

f:id:xmatz:20181109120342j:plain

背面はアルミの筐体が光ります。個人的にアンテナのラインは好きですが、評価が分かれそうですね。

 

f:id:xmatz:20181109120503j:plain

カメラは相変わらず出っ張っています。ガタガタすることはないですが、ここから真っ先に傷つくことでしょう……。

 

f:id:xmatz:20181109120515j:plain

セルラーモデルなのでnano SIMスロットを搭載。APNの設定がプロファイルのダウンロードだったので、少し困惑しましたが、楽は楽ですね。

 

f:id:xmatz:20181109120510j:plain

底面はUSB-Cとスマートコネクタのポートです。後述のキーボードにて使用します。

やはり携帯の充電器と兼用できるのは大きな強みですね。iPhoneユーザーではないので、脱Lightingは大歓迎です。

 

f:id:xmatz:20181109120600j:plain

付属品はこちら。充電器が大きくなってパワフルになりました。まあ使うことはないのですが……。

 

Smart Keyboard Folio

f:id:xmatz:20181109120624j:plain

そしてキーボード兼カバーのSmart Keyboard Folioです。2万円ってかなりいいキーボードが買えるお値段……。

 

f:id:xmatz:20181109120630j:plain

iPadの背面に張り巡らされたマグネットでくっつくようです。

今回は背面も全て保護されますので、他にポーチなどは要らないでしょう。

 

f:id:xmatz:20181109120636j:plain

スマートコネクタの端子です。接続するだけでペアリングはもちろん、充電も不要と使うまでの道のりがシンプルかつ快適。

 

f:id:xmatz:20181109120642j:plain

キーボードの素材はサラサラとした手触りで、指紋は目立ちませんでした。

キーストロークは意外とあって、思いの外打ち込むことができます。ファンクションキー欲しかったですね……。

 

Apple Pencil

f:id:xmatz:20181109120656j:plain

そして最後はApple Pencil。こちらもマイナーチェンジがされており、値段も少し上昇。

必須とも言えるアクセサリーですので、値段は抑えて欲しかった。

 

f:id:xmatz:20181109120657j:plain

iPad Proの側面にあるマグネットにくっつけることで、ペアリング、充電が可能になりました。

Lighting端子に挿すのはどう見てもスマートではなかったですからね……。持ち運びも快適で、最初からこうあるべきだった。

 

久々のiOSですが、相変わらずのUIですね。昔からもう完成形だからなのかもしれませんが、もう少しカスタマイズさせて欲しいところ。

 

動作はひたすらにサクサク。OSの制約的にどこまで出来るかはわかりませんが、おもちゃとしても十二分に活用出来るデバイスだとは思うので、ゆっくり使っていきたいと思います。

ソニー サウンドバー HT-MT500 レビュー

机の周りをスッキリさせたい!広くしたい!ということで導入。

まずは今までの私の環境です。オーディオはUDA-1とSS-HA3を使用し、USBでPC、光でPS4 Proに接続していました。

 

f:id:xmatz:20181107135830j:plain

音はいいんですが、結構圧迫感というか、机を占領してしまっていたんですね……。

ここで思いついたのがサウンドバー。ただ、基本的にテレビ向けに売られていることが多く、その大半がかなりのサイズ。PCモニター下に置くにはかなり大きいものばかりでした。

 

その中でもBOSEのSolo5だったり、クリエイティブのSound BlasterX Katana、ソニーであればHT-MT300、HT-MT500だったりと、W600mm前後のものもちらほら発見。

光入力とアナログ入力(PCモニターからDP音声をアナログ出力)できるものということで、Solo5かSound BlasterX Katana、HT-MT500に絞られました。

 

そして、なぜこれにしたかというと、LDACの存在とデザインですね。LDACはAndroidでサポートされており、何か気の迷いでスマホと繋げたい時も安心です。

5万円の価格帯ならそうハズレを引くこともないだろうという慢心も……。

 

f:id:xmatz:20181107135836j:plain

ということでセットアップしていきます。

サブウーファーが入っているのでかなり大きいです。持ち帰りは辛い……。 

 

f:id:xmatz:20181107135839j:plain

スピーカー本体とサブウーファーです。

シボ加工がされていて、少し革っぽさが感じられます。指紋も目立たなくていい感じですね。

ただスピーカーの側面から裏にかけては、なぜか光沢のプラスチックで、指紋や傷が目立ちます。(初期傷も少しありました……。)

 

f:id:xmatz:20181107135847j:plain

付属品一式です。スピーカーはACアダプターで駆動させます。結構大きいんですよね……。

テレビ想定なのでケーブルはHDMIのみ付属。光ケーブルなどはないので、別途購入が必要です。

 

 

f:id:xmatz:20181107135854j:plain

 

本体をチェックしていきます。こちらの写真だとシボ加工がわかりやすいですね。

リモコンも付属していますが、タッチセンサーで操作が可能です。感度もよく、音量調整もストレスがありません。

NFCに対応しているので、ワンタッチ接続も可能。

 

f:id:xmatz:20181107135732j:plain

私の要望を満たした入力端子です。テレビならHDMI一本で繋げられるほか、テレビでなくても設定画面を映せます。

ネットワーク再生が可能なようで有線LAN、無線LANまで載っています。アップデートも可能なのは何かと安心です。

f:id:xmatz:20181107135901j:plain

サブウーファー側には電源と混線を防止するSECURE LINKボタン。

自宅には色々飛んでますけど特に使ってません。

 

f:id:xmatz:20181107135739j:plain

電源内蔵なのでケーブルだけで完結します。スピーカーとの接続も自動でした。

 

f:id:xmatz:20181107135904j:plain

 こちらが今の環境です。スピーカーにインシュレーターをかませてケーブルを通るようにしました。

ゴチャゴチャ感もなくなって、机の上が見違えるような広さに。

 

サイズもサイズだし、音質はそうでもないんだろうなと思ってたのですが、想像していたよりはるかに良く、以前の組み合わせからしても微妙に落ちたかなくらいです。

サブウーファーの効果は大きく、最大まで上げたときはかなりの迫力。ゲーム時はちょっと鬱陶しいくらいなので、適度に下げて使用しています。

PCモニターにサウンドバーいいですよ! 

 

 

ソニー ワイヤレスノイキャン WH-1000XM3 開封レビュー

3代目となったソニーフラグシップワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは久々に欲しいと思わせてくれる出来栄えですね。

WH-1000Xが出た時はあまり食指が動かず、WI-1000Xを買っていました。冬に向けて久々にヘッドホンへ戻ります。

 

f:id:xmatz:20181017191647j:plain

パッケージはWx-1000シリーズ共通の統一されたおなじみのものですね。

30hの文字はロングライフバッテリーの自信の表れでしょうか。

 

f:id:xmatz:20181017191651j:plain

いつもの書類とキャリングケースです。カッパー色のファスナーがアクセントになっていてちょっとオシャレですね。

 

f:id:xmatz:20181017191702j:plain

ヘッドホンがお目見え。付属品の一式も、ケース内に収納された状態で入っていました。

ケーブルをビニールで梱包するのも無駄ですしね。良い試みだと思います。

 

f:id:xmatz:20181017191705j:plain

ケースの下には紙が敷いてあって、キャリングケースへの入れ方とタッチセンサーの操作方法が書いてあります。

以前にMDR-1ABTを使っていて、タッチ操作が馴染めなかったというのもWH-1000Xを買わなかった理由でもありました。今回少し触った感じではかなり反応も良かったので一安心。

 

f:id:xmatz:20181017191710j:plain

改めて付属品とヘッドホンです。航空機アダプターやら有線ケーブルはいつも入っているような気がしますが、注目はUSB Type-Cケーブル。

脱microUSBは歓迎すべきですね。ウォークマンとかサイバーショットも早くUSB Type-Cを導入してほしい……。 

 

f:id:xmatz:20181017191717j:plain

外見も少しづつ変わっており、ハウジングがマットなプラスチックに。頭頂部のクッションも増している様子。

側圧もかなり柔らかくなり、BoseQuietComfortっぽさが出たような……。長時間も苦にならなさそうで楽しみです。

 

f:id:xmatz:20181017191720j:plain

f:id:xmatz:20181017191722j:plain

ボタンや端子周りはUSB Type-Cになったくらいで大きな変更はなし。

WI-1000XみたいにUSBから有線出力できるともう少しスッキリできそうですね。

 

f:id:xmatz:20181017191724j:plain

個人的に一番ぐっときたのはこのローズゴールドのアクセント。先日購入したPlayStation 4 Pro 500 Million Limited Editionぽさもあり、かっこいいです。

 

昨日届いたばかりで、まだ実使用には至っていないのですが、ノイズキャンセリング効果はかなり高く感じます。電車や飛行機などで早く使ってみたいところ……。