買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイクにお金をかける人のログ

Apple iPad Pro 11 (2018) & Smart Keyboard Folio & Apple Pencil 開封レビュー

今使っているノートPCを外出先で使うのが億劫になってきたので、一式買ってみました。

 

基本的な処理速度などはもちろんですが、個人的に一番重要視しているのがUSB-Cでの充電です。本当はVAIO S11がいいんですけど、USBPDに対応していない始末……。

そこにiPadがLightingを廃止、USB-Cを搭載ということで導入を決意。買って即返品したiPad mini以来のApple製品です。

 

f:id:xmatz:20181109114340j:plain

iPad Proは256GB セルラーモデルにしました。総額17万円と、普通に良いところのPCが買える位の金額ですね。高い……。

 

f:id:xmatz:20181109114352j:plain

まずは本体です。ベゼルレスと言うには太いですが、狭額ですね。液晶の品質は流石で、ただただ美しい!

なお、こちらには下記の画面保護ガラスを貼り付けています。 

 

iPad Pro 2018 11inch ガラスフィルム 「GLASS PREMIUM FILM」 光沢 0.33mm

iPad Pro 2018 11inch ガラスフィルム 「GLASS PREMIUM FILM」 光沢 0.33mm

 

カメラ周りが切り欠きされており、Face IDもバッチリ対応しています。

一点、注意事項として、iPad側のガラスのセンサー周りだけ微細な凹凸があるのか、3箇所浮きのようなものが発生しました。

この状態だと切り欠きされていない部分のセンサーが誤動作してFace IDが使えませんでした。そこを強めに押して空気を抜いてあげると無事動作するようになります。

 

f:id:xmatz:20181109120342j:plain

背面はアルミの筐体が光ります。個人的にアンテナのラインは好きですが、評価が分かれそうですね。

 

f:id:xmatz:20181109120503j:plain

カメラは相変わらず出っ張っています。ガタガタすることはないですが、ここから真っ先に傷つくことでしょう……。

 

f:id:xmatz:20181109120515j:plain

セルラーモデルなのでnano SIMスロットを搭載。APNの設定がプロファイルのダウンロードだったので、少し困惑しましたが、楽は楽ですね。

 

f:id:xmatz:20181109120510j:plain

底面はUSB-Cとスマートコネクタのポートです。後述のキーボードにて使用します。

やはり携帯の充電器と兼用できるのは大きな強みですね。iPhoneユーザーではないので、脱Lightingは大歓迎です。

 

f:id:xmatz:20181109120600j:plain

付属品はこちら。充電器が大きくなってパワフルになりました。まあ使うことはないのですが……。

 

f:id:xmatz:20181109120624j:plain

そしてキーボード兼カバーのSmart Keyboard Folioです。2万円ってかなりいいキーボードが買えるお値段……。

 

f:id:xmatz:20181109120630j:plain

iPadの背面に張り巡らされたマグネットでくっつくようです。

今回は背面も全て保護されますので、他にポーチなどは要らないでしょう。

 

f:id:xmatz:20181109120636j:plain

スマートコネクタの端子です。接続するだけでペアリングはもちろん、充電も不要と使うまでの道のりがシンプルかつ快適。

 

f:id:xmatz:20181109120642j:plain

キーボードの素材はサラサラとした手触りで、指紋は目立ちませんでした。

キーストロークは意外とあって、思いの外打ち込むことができます。ファンクションキー欲しかったですね……。

 

f:id:xmatz:20181109120656j:plain

そして最後はApple Pencil。こちらもマイナーチェンジがされており、値段も少し上昇。

必須とも言えるアクセサリーですので、値段は抑えて欲しかった。

 

f:id:xmatz:20181109120657j:plain

iPad Proの側面にあるマグネットにくっつけることで、ペアリング、充電が可能になりました。

Lighting端子に挿すのはどう見てもスマートではなかったですからね……。持ち運びも快適で、最初からこうあるべきだった。

 

久々のiOSですが、相変わらずのUIですね。昔からもう完成形だからなのかもしれませんが、もう少しカスタマイズさせて欲しいところ。

 

動作はひたすらにサクサク。OSの制約的にどこまで出来るかはわかりませんが、おもちゃとしても十二分に活用出来るデバイスだとは思うので、ゆっくり使っていきたいと思います。

ソニー サウンドバー HT-MT500 レビュー

机の周りをスッキリさせたい!広くしたい!ということで導入。

まずは今までの私の環境です。オーディオはUDA-1とSS-HA3を使用し、USBでPC、光でPS4 Proに接続していました。

 

f:id:xmatz:20181107135830j:plain

音はいいんですが、結構圧迫感というか、机を占領してしまっていたんですね……。

ここで思いついたのがサウンドバー。ただ、基本的にテレビ向けに売られていることが多く、その大半がかなりのサイズ。PCモニター下に置くにはかなり大きいものばかりでした。

 

その中でもBOSEのSolo5だったり、クリエイティブのSound BlasterX Katana、ソニーであればHT-MT300、HT-MT500だったりと、W600mm前後のものもちらほら発見。

光入力とアナログ入力(PCモニターからDP音声をアナログ出力)できるものということで、Solo5かSound BlasterX Katana、HT-MT500に絞られました。

 

そして、なぜこれにしたかというと、LDACの存在とデザインですね。LDACはAndroidでサポートされており、何か気の迷いでスマホと繋げたい時も安心です。

5万円の価格帯ならそうハズレを引くこともないだろうという慢心も……。

 

f:id:xmatz:20181107135836j:plain

ということでセットアップしていきます。

サブウーファーが入っているのでかなり大きいです。持ち帰りは辛い……。 

 

f:id:xmatz:20181107135839j:plain

スピーカー本体とサブウーファーです。

シボ加工がされていて、少し革っぽさが感じられます。指紋も目立たなくていい感じですね。

ただスピーカーの側面から裏にかけては、なぜか光沢のプラスチックで、指紋や傷が目立ちます。(初期傷も少しありました……。)

 

f:id:xmatz:20181107135847j:plain

付属品一式です。スピーカーはACアダプターで駆動させます。結構大きいんですよね……。

テレビ想定なのでケーブルはHDMIのみ付属。光ケーブルなどはないので、別途購入が必要です。

 

 

f:id:xmatz:20181107135854j:plain

 

本体をチェックしていきます。こちらの写真だとシボ加工がわかりやすいですね。

リモコンも付属していますが、タッチセンサーで操作が可能です。感度もよく、音量調整もストレスがありません。

NFCに対応しているので、ワンタッチ接続も可能。

 

f:id:xmatz:20181107135732j:plain

私の要望を満たした入力端子です。テレビならHDMI一本で繋げられるほか、テレビでなくても設定画面を映せます。

ネットワーク再生が可能なようで有線LAN、無線LANまで載っています。アップデートも可能なのは何かと安心です。

f:id:xmatz:20181107135901j:plain

サブウーファー側には電源と混線を防止するSECURE LINKボタン。

自宅には色々飛んでますけど特に使ってません。

 

f:id:xmatz:20181107135739j:plain

電源内蔵なのでケーブルだけで完結します。スピーカーとの接続も自動でした。

 

f:id:xmatz:20181107135904j:plain

 こちらが今の環境です。スピーカーにインシュレーターをかませてケーブルを通るようにしました。

ゴチャゴチャ感もなくなって、机の上が見違えるような広さに。

 

サイズもサイズだし、音質はそうでもないんだろうなと思ってたのですが、想像していたよりはるかに良く、以前の組み合わせからしても微妙に落ちたかなくらいです。

サブウーファーの効果は大きく、最大まで上げたときはかなりの迫力。ゲーム時はちょっと鬱陶しいくらいなので、適度に下げて使用しています。

PCモニターにサウンドバーいいですよ! 

 

 

ソニー ワイヤレスノイキャン WH-1000XM3 開封レビュー

3代目となったソニーフラグシップワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは久々に欲しいと思わせてくれる出来栄えですね。

WH-1000Xが出た時はあまり食指が動かず、WI-1000Xを買っていました。冬に向けて久々にヘッドホンへ戻ります。

 

f:id:xmatz:20181017191647j:plain

パッケージはWx-1000シリーズ共通の統一されたおなじみのものですね。

30hの文字はロングライフバッテリーの自信の表れでしょうか。

 

f:id:xmatz:20181017191651j:plain

いつもの書類とキャリングケースです。カッパー色のファスナーがアクセントになっていてちょっとオシャレですね。

 

f:id:xmatz:20181017191702j:plain

ヘッドホンがお目見え。付属品の一式も、ケース内に収納された状態で入っていました。

ケーブルをビニールで梱包するのも無駄ですしね。良い試みだと思います。

 

f:id:xmatz:20181017191705j:plain

ケースの下には紙が敷いてあって、キャリングケースへの入れ方とタッチセンサーの操作方法が書いてあります。

以前にMDR-1ABTを使っていて、タッチ操作が馴染めなかったというのもWH-1000Xを買わなかった理由でもありました。今回少し触った感じではかなり反応も良かったので一安心。

 

f:id:xmatz:20181017191710j:plain

改めて付属品とヘッドホンです。航空機アダプターやら有線ケーブルはいつも入っているような気がしますが、注目はUSB Type-Cケーブル。

脱microUSBは歓迎すべきですね。ウォークマンとかサイバーショットも早くUSB Type-Cを導入してほしい……。 

 

f:id:xmatz:20181017191717j:plain

外見も少しづつ変わっており、ハウジングがマットなプラスチックに。頭頂部のクッションも増している様子。

側圧もかなり柔らかくなり、BoseQuietComfortっぽさが出たような……。長時間も苦にならなさそうで楽しみです。

 

f:id:xmatz:20181017191720j:plain

f:id:xmatz:20181017191722j:plain

ボタンや端子周りはUSB Type-Cになったくらいで大きな変更はなし。

WI-1000XみたいにUSBから有線出力できるともう少しスッキリできそうですね。

 

f:id:xmatz:20181017191724j:plain

個人的に一番ぐっときたのはこのローズゴールドのアクセント。先日購入したPlayStation 4 Pro 500 Million Limited Editionぽさもあり、かっこいいです。

 

昨日届いたばかりで、まだ実使用には至っていないのですが、ノイズキャンセリング効果はかなり高く感じます。電車や飛行機などで早く使ってみたいところ……。

 

 

 

PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition 開封レビュー

全世界限定5万台で話題になった限定版PS4 Proを無事入手しました。

奇しくも先日購入したHTC U12+と同様の透明ブルーということで、個人的にはマストバイの一品。20周年PS4よりは断然手に入れやすかったので一安心……ということで開封していきます。

 

parka.hatenablog.com

 

f:id:xmatz:20180825225837j:plain

パッケージから即座にわかる特別感。透明パッケージによって箱の中のPSロゴがうっすらと見えるようになっています。

そうなんです。今回は2TBなんですよね。これは値下げの予兆かな……。

SSDに換装するときに確認しましたが、HDDはSeagateのものが入っていました。

 

f:id:xmatz:20180825225839j:plain

開封すると不織布に包まれたPS4 Proが出てきます。

上下の固定スポンジなどもかなりしっかりしている印象です。

 

f:id:xmatz:20180825225845j:plain

付属品は右側の箱に入っています。初期型のPS4の梱包に近いですね。

 

f:id:xmatz:20180825225851j:plain

f:id:xmatz:20180825225853j:plain

DUALSHOCK4はもちろん、イヤホンまでブルーで揃えられた付属品たち。

PSカメラやスタンドまで入っていてかなりオトクなセットですよね。

 

f:id:xmatz:20180825225857j:plain

単品売りもされるDUALSHOCK4。指紋はベッタベタにつきますが、PSロゴがローズゴールドだったり、スティックなどもブルー系になっています。かっこいい!

タッチパッドピクトグラムだったら100点でした。

 

f:id:xmatz:20180825225901j:plain

 他の付属品としては、スタードガイドが専用のものでびっくりしました。これはめちゃくちゃ手間がかかっているなあ……。

 

f:id:xmatz:20180825225903j:plain

そして本体とのご対面。こちらもローズゴールドのPSロゴが光ります。

全面にフィルムが貼ってあり、もう厳重すぎるまでの保護がされていました。

 

f:id:xmatz:20180825225905j:plain

裏面のほうがスケルトンモデルの感じがよくわかりますね。

ヒートシンクばかりでゲームボーイのようなワクワク感はほとんどないですが。

 

f:id:xmatz:20180825225906j:plain

特別感をさらに出すプレートもいい感じ。加工していますが、番号は平凡なものでした……。

 

f:id:xmatz:20180825225908j:plain

 起動時のライトがこのように見えるのもポイント。もう通常のPS4 Proじゃ物足りない……。

 

早速メインのPS4として使っていますが、限定にするには惜しいくらいカッコイイモデル!普通に買うよりお得というのもよかったですね。

 青じゃなくていいからスケルトンモデルも通常版として売り出してくれないかな……。

 

 

 

 

HTC U12+ トランスルーセントブルー フォトレビュー

国内メーカーがキャリアと癒着する中、台湾のメーカーがSIMフリー市場で頑張っているというのはなんとも言えぬ状況ですね。(Xperia XZ PremiumはNuro限定ですし……。)

そろそろ各社直販で売って欲しいものです……ということで届きましたHTC U12+。

Snapdragon 845搭載でRAM6GB&128GBストレージで約10万円ってかなりいい感じだと思うんですけどね……。高い、高いかな……妥当じゃないかな……。

 

今回は速報的に開封していきます。

 

f:id:xmatz:20180722115016j:plain

白を基調としたシンプルでおしゃれなパッケージです。

 

 

f:id:xmatz:20180722115026j:plain

f:id:xmatz:20180722115316j:plain内容物は写真の通り。

ACアダプターは付属せず、USBポートに挿すイヤホンが付属します。

ミニプラグへの変換アダプターではないんですね……。

ケースが付属するのは嬉しいですが、個人的には機能を犠牲にしてでも、アルミバンパーを付けたいところ。DECASE さん発売お願いします!!

 

f:id:xmatz:20180722115905j:plain

f:id:xmatz:20180722115926j:plain

U12+本体。素晴らしい透明感で背面から載せたくなるのも納得の美しさ!

Felicaマークはなしにしてほしかった……。指紋センサーの位置も標準的で良いです。

 

f:id:xmatz:20180722120121j:plain

f:id:xmatz:20180722120123j:plain

前面の特徴はやはりデュアルカメラ。Xperia XAなどでもあったのですが、まだまだ珍しいですね。

ガラスの曲面もほとんどなく、ぜひ枠なしでギリギリまで攻めた保護ガラスを購入したいところ。

 

f:id:xmatz:20180722120834j:plain

f:id:xmatz:20180722120835j:plain

f:id:xmatz:20180722121219j:plain

右側面には電源ボタン、音量ボタン。左側面にはSIM&SDスロットです。

電源、音量ボタンといっても、今回は感圧式のセンサーになっています。少し触っただけですが、個人的には全く問題ないレベルかなと。

指紋センサーで電源ON、標準のメニューバーで電源をオフにもできるので、電源ボタンは使うのかという疑問さえ生まれます。

デュアルSIMとSDは排他にした方が評価は高かったと思いますね。私はSDを使いたい+シングルSIMで十分なのですが、デュアルSIMを使いたいという層も一定数はいるようですし。

 

f:id:xmatz:20180722121125j:plain

底面はUSBポートですね。USB PD、QC4にも対応しています。

 

このあとすぐに出かけないといけないのですが、早く届いたしすぐにアップしたいという感じで超超駆け足になりましたが、外見はこんな感じです。

 

また後日しっかり触れてから使用感をアップする予定……。

 

 

 

 

 

 

intel NUC NUC8i7HVK レビュー セットアップ編

PCゲームがやりたいけど大きなデスクトップを置くのはイヤだ!ということで、買ってしまいました。

intelAMDのコラボレーションCPUであるCorei7-8809Gを搭載したintelのNUC NUC8i7HVKです。

ちなみに下位CPUであるCorei7-8705Gを搭載したNUC8i7HNKというのも発売されています。

 

f:id:xmatz:20180707030559j:plain

パッケージは海外版とまるっきり同じのようです。

intelのNUCは海外で買っても国内で保証が受けられるらしいので、ちょっとでも安く購入したい方は北米からの輸入もおすすめ。税金含めても1万円ほど安いですよ。

 

f:id:xmatz:20180707030603j:plain

NUCなのでOS、RAM、ストレージは付属しません。あとACケーブルもついてないので、別途購入が必要です。

今回はDDR4-2666の16GB×2枚と512GBのSSDを使用します。RAMが高くなりすぎててドン引きでした……。

 

f:id:xmatz:20180707030609j:plain

ささっと開けていきます。筐体は全面つや消しで、傷は付きにくそうな雰囲気。

以前のゲーミングNUCは結構アツアツだったみたいですが、今回は放熱もしっかり考えられているようですよ。

 

f:id:xmatz:20180707030605j:plainf:id:xmatz:20180707030607j:plain

これでもか!と言わんばかりのポート類はあって困らないものばかり。Type-CタイプのUSBポートが3つもあったり、SDスロットが地味に嬉しい。

VR ReadyなNUCなので、全面にHDMIがついているのも特徴ですね。小型でも全く妥協がなくて長く使えそうです。

 

f:id:xmatz:20180707030615j:plain

もちろん電源が内蔵できるわけもなく、大きなカステラACアダプターが付属します。

思っていたより薄かったですが、この大きさは気になるところ……。

右側の鉄板を使用すればVESAマウントも可能です。

 

f:id:xmatz:20180707033054j:plain

それでは各種パーツを組み込んでいきましょう。

まずは付属のL型レンチで天板のネジを外していきます。

 

f:id:xmatz:20180707030620j:plain

天板を外しました。HADES CANYONの骸骨マーク(の裏側)がお目見えです。

ネジを1箇所とLED用の電源コネクターを外して持ち上げます。

 

f:id:xmatz:20180707030625j:plain

あとはメモリスロットとM.2スロットにRAMとSSDを固定するのみ。

 

f:id:xmatz:20180707030626j:plain

M.2スロットは2スロットあるので、いずれは2TBのストレージ用SSDを挿したいところですね……。

装着したらあとは元に戻すだけ。5分もあればすぐに終わる作業ですね。

 

あとはWindowsをインストールして、Windows Updateをして、Windows Updateをして、Windows UpDateをして……

肝心のRadeonVEGA Mのドライバーとかは全く落としてくれないので、結局intelの公式から一式落としてインストールするはめに。

まだまだセットアップは終わっていないのですが、Steamのサマーセールでゲームを買い漁ったので、落ち着いたらいろいろ遊んでみます。

 

→使用編につづく?

 

 

Intel  SSD 760p M.2 PCIEx4 512GBモデル  SSDPEKKW512G8XT

Intel SSD 760p M.2 PCIEx4 512GBモデル SSDPEKKW512G8XT

 

 

hearable LAB 完全独立型ワイヤレスイヤホン flapFit FF-TW10 レビュー

完全独立型のイヤホンって、これまで再生時間が3時間程度の物が多かったんですよね。

ソニーのWF-1000Xを買おうかとも迷いましたが、3時間で充電はストレスになるなーと思い購入できませんでした。長くてもAppleAirpodsの5時間だったり……。

今回はその問題を見事にクリアし、再生時間7時間を誇るhearable LABのFF-TW10のお話をしたいと思います。

 

f:id:xmatz:20180518030418j:plain

hearable LAB?という方も多いでしょう。

私もよく知らなかったのですが、ソニーで初めてノイキャンイヤホンを開発した人や、光メディアの規格を策定していたという、スゴイ人達が集まって作った会社らしい。

そこの初めての製品がflapFit FF-TW10なのです。

 

f:id:xmatz:20180518031202j:plain

内容物はこんな感じ。あとは説明書ですね。

そうです。完全独立型イヤホンにありがちなクレードルがありません。

きっとクレードル充電の方が本体も小型出来ていいんでしょうけど、どこにでもあるmicroUSBで充電できるというのも悪くないと思いますよ。

 

f:id:xmatz:20180518031838j:plainf:id:xmatz:20180518031844j:plain

本体は非常にシンプルですが、若干大きめでしょうか。microUSB端子を確保するためか、独特な形状ですね。

この丸いボタンで各種操作を行うことができます。左右についており、別々の操作が割当られていました。

 

f:id:xmatz:20180518032315j:plainf:id:xmatz:20180518032348j:plain

充電は付属の二股ケーブルを使用して行います。もちろん手持ちのケーブルで充電してもいいですよ。

個人的にはmicroUSBじゃなくて、できればType-Cがよかったなと思うところもありますが、価格なりといったところでしょうか。

 

f:id:xmatz:20180518032909j:plainf:id:xmatz:20180518032915j:plain

収納用にシリコンケースが付属しますが、クレードル不要なら裸で持ち歩くのがスマートかなと思ったので使いません。無くす危険性はあるかも……。

 

f:id:xmatz:20180518033210j:plain

落下防止のシリコンリングは3種類。イヤーピースと一緒にフィッティングをすれば、かなり快適に装着できます。首を振ってもまったく外れませんでした。

 

 

早速使用した感想ですが、完全独立型イヤホンがここまで快適だとは思いませんでしたね!

今までWI-1000Xを使っていたのですが、走るとネックバンド部分が鎖骨に当たって痛かったり、暑かったり……。夏場の相棒はFF-TW10で決定です。

 

正直なところ音質に関しては、特段綺麗なわけでもなく、ノイズキャンセリングが無くても大丈夫なくらい遮音性が高いわけでもありません。

薄いフィルターを隔てたような落ち着いた高音に控えめな低音。そこまでの迫力はなく、逆にトゲトゲしさもないですね。

finalのチューニングがこういう方向性なのでしょうか。

 

もちろん今まで聞いてたイヤホンが良すぎたのでというのもあり、FF-TW10の完全独立型という代えがたいアドバンテージを考慮したら十分に聴けるものです。

f:id:xmatz:20180518034311j:plain

 

実売12,800円という点、7時間再生のスタミナ、そして完全独立型。ようやく有象無象にメスを入れてくれる製品が出てきて大満足ですよ。

完全独立型イヤホンが気になってる人、スマホを機種変したらイヤホンジャックが無くなって悩んでる人。そんな方には是非とも検討してもらいたいイヤホンです。

 

hearable LAB flapFit FF-TW10 完全独立型ワイヤレスイヤホン

hearable LAB flapFit FF-TW10 完全独立型ワイヤレスイヤホン