買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(701 SUPERMOTO)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

EPOS H3 ゲーミングヘッドセット レビュー

ゼンハイザー時代を含めると3台目となるEPOS ヘッドセットを買ってみました。

EPOS H3 ゲーミングヘッドセット 

f:id:xmatz:20220116152339j:plain

何故か昨年末辺りから3000円ほど安くなっていたので購入。

セールは今も継続中で1万円以下で販売されています。

 

f:id:xmatz:20220116152227j:plain

中身はヘッドセット本体、布巻きの4極ミニプラグのケーブルとイヤホン・マイクが分離されたミニプラグケーブル、マニュアル類です。

EPOSはデフォルトで2年保証なのが良いですよね。

 

f:id:xmatz:20220116152235j:plain

今回は販路限定カラーのホワイトにしました。PS5にピッタリの配色ですね。

成型色ですが、マットホワイトで落ち着いた質感になっています。

 

f:id:xmatz:20220116152248j:plain

ヘッドバンドとハウジング接続部のデザインがGPS時代と比べて変わりましたね。

ゼンハイザー時代からおなじみの跳ね上げミュートにも対応。

 

f:id:xmatz:20220116152250j:plain

右のハウジングは音量調整ダイヤルが配されています。

これまでのと違ってフラットなので、操作性はあまり高くないですね。

 

f:id:xmatz:20220116152254j:plain

ヘッドホン側のプラグは専用設計。

そこまで抜き差しすることはないのですが、汎用プラグがいいですね。

 

f:id:xmatz:20220116152257j:plain

スライダーは番号が振ってあるので、左右で合わせる際に分かりやすいです。

思っていたよりも機能的ですし、これからのヘッドセットにも付けてほしいですね。

 

f:id:xmatz:20220116152300j:plain

イヤーパッドはベロアっぽい布と合皮のハイブリッド。ベロアと言うにはバサバサしている気がする……。

合皮はヘッドバンドと同じものですが、サラサラとしていて肌触りは良好です。

 

廉価ながらも必要十分な高コスパ

購入していくつかゲームをプレイしてみましたが、デフォルトでサラウンド寄りなのでしょうか。

特にサウンドカード側では何も入れていないにも関わらず、遠くで鳴っている音などは空間感がありました。

人によってはその点がぼやけた、眠い音にも捉えられそうですし、好みが分かれそうです。

 

EPOSのヘッドセットですが、EPOS Gaming Suiteには非対応のため、ノイズゲートやイコライザーなどの調整はできません。

外部のソフトウェアやサウンドカードなどを導入する必要があります。

 

個人的に気になったのは音の傾向くらいで、このクオリティのヘッドセットが1万円で手に入るのは中々買いな気がしました。

軽量で側圧もそこまで強くないので、長時間に渡って装着しても疲れづらいのはいいですし、マイクの音質も悪くありません。

AE-7ボイスチェンジャー用に購入したのですが、思っていたよりもベースのスペックが高くてびっくりしましたね。

 

試聴ができれば尚良しですが、値段的に飛び込んでみても後悔はしにくいと思います。