買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

Google Chromecast Ultra レビュー

ビックカメラでポイント20%還元+JCBの20%還元で実質6000円ほどだったので購入。

第1世代ぶりのChromecastです。

 Google Chromecast Ultra

f:id:xmatz:20191209120759j:plain

随分昔の製品ではありますが、一向に後継機がでないんですよね。

Chromecastって何をするの?っていう方も居ると思いますが、Youtubeをダラダラと見るのに本当便利なんですよ。

Amazonプライムビデオにも対応しましたし、持っていて損はないと思います。

 

f:id:xmatz:20191209120802j:plain

蓋を開けるとすぐに本体。光沢ボディですが、特にフィルムなどで保護はされていませんでした。

 

f:id:xmatz:20191209120804j:plain

付属品は説明書とACアダプターのみ。ACアダプターが結構大きいですね……。

 

f:id:xmatz:20191209120811j:plain

Chromecastの本体とHDMI端子はマグネットでくっつくようになっています。が、これ使うときには何の意味も成さないんですよね。

持ち運ぶようなものでも無いので、この機能は謎……。

 

f:id:xmatz:20191209120814j:plain

ACアダプターの出力は1Aと低出力なのですが、LANポートを搭載しているのでサイズが大きくなってしまったんですね。

802.11acに対応しているので、無理に有線で運用する必要はなさそうです。

 

f:id:xmatz:20191209120817j:plain

セットアップを開始。PCのUSBポートから電源を取っているのですが、エラーメッセージが出ていますね。特に不具合などはありませんでした。

 

f:id:xmatz:20191209120820j:plain

スマホから設定を進めていくとアップデートが走りました。バージョンの違いなどは不明です……。

 

f:id:xmatz:20191209120822j:plain

セットアップを終えると、待機モードに入ってスライドショーが流れます。

基本はこの画面で、あとは入力を待つのみとなります。

 

スマホですべて操作したい人はFire TVよりもChromecast

第1世代のChromecastと比べると、5GHzへの対応と処理能力のアップが大きいのか、サクサクとコンテンツが見られます。キャストしてまもなく再生してくれるのでストレスがありません。

プライムビデオで4K映像も再生してみましたが、解像度もフレームレートも非常に安定していました。

 

スマホから見たい動画をChromecastに飛ばしてしまえば、スマホは自由に使えるというのがChromecastのいいところですよね。

通信自体もChromecast側が行ってくれるので、スマホ側のバッテリーを消費しないというのもポイントです。

 

よく引き合いにFire TVが出されますが、スマホの検索性とキャストのスピードを考えると、Chromecastの方が個人的にはオススメですね。

欠点はやはり若干高いこと。コストパフォーマンス重視の方はFire TVの方が良いかもしれません。

 

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2018/12/12
  • メディア: エレクトロニクス
 
新登場 Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2019/11/05
  • メディア: エレクトロニクス