買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(390 DUKE・SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ

Gecco メタルギア ソリッド サイボーグ忍者 1/6スケールスタチュー レビュー

ブログ概要にフィギュアとか書いておきながら初めての記事です。ちょこちょこ買ってはいるんですけどね……。

 

今回は、私がこよなく愛するフィギュアメーカーGeccoから遂に発売された『メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者です。

コナミがあの体なので、『メタルギアソリッド』のフィギュアはもう絶望的なんじゃないかと思っていましたがやってくれました。コジプロの新川さんチェックが通っているとは思いませんが……。

 

Gecco メタルギア ソリッド サイボーグ忍者

f:id:xmatz:20190228173101j:plain

以前Geccoから出ていた『メタルギアライジング』の雷電のように、パッケージはキャラクターの顔をモチーフにしたデザインでした。

 

f:id:xmatz:20190228173106j:plain

箱の側面にはグレイ・フォックスの名台詞「追い込まれた狐はジャッカルより凶暴だ!」

 

f:id:xmatz:20190228173938j:plain

裏側はゲームパッケージっぽさをイメージしているのでしょうか。ロゴが縦になっていたのが懐かしいです。

f:id:xmatz:20190228174101j:plain

Geccoフィギュアではお馴染みのカード。基本貼り付けたままなんですが、集めてる人いるんでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20190228174102j:plain

取扱説明書には核保存棟の研究室。殴り合いのバトルをした場所ですね。

 

f:id:xmatz:20190228174415j:plain

まずはデフォルト状態から。付属品は高周波ブレードとレーザーガンのバッテリーです。バッテリーはマグネットが仕込まれており、くっつきます。

書いてて思いましたが、レーザーガンつけてないときはバッテリーつけなくてもいいのかな。

新川さんの画にはバッテリーとブレードがケーブルで繋がっていたりするので、この状態でもバッテリーはあるのが正解な気もする。まあ、このサイボーグ忍者のブレードにケーブルはないのですが……。 

 

f:id:xmatz:20190228174417j:plain

背面もめちゃくちゃカッコいいです。この流れるような強化骨格の美しさは、こちらを正面に向けて飾ってもいいくらいですね。

 

f:id:xmatz:20190228174427j:plain

ブレードを外して、もうこれでもかと背面をプッシュします。

 

f:id:xmatz:20190228174434j:plain

そこまで情報量が多いわけでもないデザインですが、隆々とした感じがわかりますかね。あと立派なお尻。

これに限らず、サイボーグ忍者のフィギュアってお尻の造形が妙に良かったりしますね。(オーバーウォッチのゲンジフィギュアもお尻推し)

 

f:id:xmatz:20190228174438j:plain

胸元のこの肉体美も美しい……。原作ではカクカクのポリゴンだったわけで、ここまで読み取ることは困難なのですが、サイボーグ忍者ってこうだよねと納得させるだけの造形の妙。

 

f:id:xmatz:20190228180042j:plain

台座はメタルギアREXと戦った地下基地がモチーフでしょうか。世界観がしっかりと表現されています。

 

f:id:xmatz:20190228180056j:plain

ちなみに『メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者は頭部に凹みがないのが特徴です。凹みがあるのは『メタルギアライジング』のサイボーグ忍者スキンですね。

 

f:id:xmatz:20190228180045j:plain

デカールもこのサイズで潰れることなく表現されていました。凄い……。

 

f:id:xmatz:20190228180053j:plain

バッテリーパックのデカールなんて更に小さいんですよ。もうよくこんなの表現できたなと。Geccoのクオリティは国内メーカーでも屈指だとは思いますが、本当に化物ですね。


f:id:xmatz:20190228181342j:plain

更に頭部には発光ギミックも搭載。もう少し赤い感じだとイメージ通りでしたね。

昔に出た『メタルギアライジング』の雷電にも発光ギミックは仕込まれていましたが、光漏れが結構酷くて目の周りもぼわっと赤かったんです。

今回はそのような漏れ方もなく、しっかり中心だけが光っているように見えます。

 

f:id:xmatz:20190228181338j:plain

ちなみに発光させるとグレイ・フォックスの素顔が見えるという作り込み。

Geccoで言えば『ダークソウル』の上級騎士オスカーやジークマイヤーなどでも中の作り込みはされていましたが、まさかサイボーグ忍者でもやってくれるとは……。

 

f:id:xmatz:20190228181901j:plain

そして次なる付属品。レーザーガンとバイザーオープン状態の頭部です。

こちらの出来もいいので、この状態でも飾りたくてもう一体欲しいレベル……。

バイザー部分が若干華奢なので、取り外しの際に少し怖い点が難ですね。

 

f:id:xmatz:20190228181908j:plain

こういってはなんですが、色味もあって、ちょっとロックマンぽいですよね。

 

f:id:xmatz:20190228181917j:plain

素顔は血の汚れのような塗装がされています。目は上向きなので、リキッドに潰されている時に睨みつけているような表情にも思えます。

念の為に発光させてみましたが、顔がぼわっと点灯しました。間違いなく意味はありません。

 

f:id:xmatz:20190228181920j:plain

よく見るとクローズ状態より赤いリベット?がせり出てますね。設定があるんでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20190228181913j:plain

レーザーガンの造形も細かなパーツ盛りだくさんですが、しっかりと作り込まれています。このデカールも異常な細かさです……。

 

f:id:xmatz:20190228181915j:plain

 

レーザーガンの裏面にはバッテリーパックが装着可能。取り外せる必要もほとんどないのに、わざわざ別パーツにするGeccoが好きです。

 

メタルギアソリッド』ファン必携のサイボーグ忍者

f:id:xmatz:20190228180038j:plain造形、塗装なにをとっても「スゲェ」と言わせてくるGeccoですが、今回もまた神がかかったクオリティのフィギュアを出してくれましたね。

メタルギアソリッド』のサイボーグ忍者は、シリーズ屈指の人気キャラにも関わらず、ハイクオリティな造形には恵まれることはありませんでした。

が、2019年になってようやく手放しで褒められるものが登場したといえるでしょう。どこをとってもまさに決定版、マスターピースといえるサイボーグ忍者。ありがたや……。

 

Geccoのフィギュアは再生産が稀で、高騰することも多いです。プレミア価格になる前に買っておくのがおすすめです。 

メタルギア ソリッド/サイボーグ忍者 1/6スケール スタチュー

メタルギア ソリッド/サイボーグ忍者 1/6スケール スタチュー