買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ

elgato ゲームキャプチャーボード 4K60 PRO MK.2 レビュー

4KとかNintendo Switchのキャプチャをしたいなと、デスクトップPCの新調ついでに買っておいたキャプチャーボードのレビューです。 

elgato ゲームキャプチャーボード 4K60 PRO MK.2

f:id:xmatz:20200216200804j:plain

キャプチャーボードはMonsterXで止まっていた人なので、よく見るAVerMediaとかにしようかなと思っていましたが、新製品というだけでこちらにしました。

elgatoってどこの会社?って感じですが、2018年にコルセアに買収された会社のようです。有名メーカーが買収したなら何かと安心。

 

f:id:xmatz:20200216200807j:plain

開封。早速本体がお目見えですが、箱は2層構造になっていて下にも付属品が隠れていました。

 

f:id:xmatz:20200216200808j:plain

HDMIケーブルやロープロファイル用のブラケットが付属しています。

それにしても本体がめちゃくちゃ小さいですね。このサイズならかなり小さめのケースでも問題なさそうです。

 

f:id:xmatz:20200216200810j:plain

付属品の1つであるエンブレムのバッチは接着剤で固定されていて、箱にベッチョリでした。これが海外クオリティ……。

 

f:id:xmatz:20200216200812j:plain

ドライバなどは必要なく、PCIスロットに挿したら動きました。内蔵型はスッキリするからいいですね。

HDMIパススルー機能も入っているので、分配器などで遅延対策をする必要もありません。

 

f:id:xmatz:20200311164150j:plain

遡り録画が可能な純正キャプチャソフトの4K Capture Utility。

実はOBSでも直接キャプチャできるのですが、4Kのキャプチャはガッタガタで見るに堪えないものでした。

フルHDならOBSでもいいですが、4Kを使わないなら本製品を買う必要もないという……。

 

ちなみにHDCPの解除が必要なので設定から解除しておきましょう。

「Switchは映るのにPS4だけ映らない!」と2時間くらい大騒ぎしていました。

 

f:id:xmatz:20200311134417j:plain

早速PS4Proから4K出力して4K Capture Utilityでキャプチャしてみました。HDRはオンです。

(画像はフルHDに圧縮済。はてな側で再圧縮されているかも……。)

 

f:id:xmatz:20200311134427j:plain

こちらはHDRオフ。HDR設定はキャプチャされる映像にも多少反映されるようで、オンと比較すると若干白っぽいです。 

 

お次は動画。4KHDR+60fpsでキャプチャしたものを、編集ソフトの都合で30fpsにして書き出しています。

PS4のブロードキャスト機能だと、HDRオンは変な色合いになりがちですが、キャプチャーボード経由なら結構いい感じに配信できそうです。

 

ちなみにRADEON 5700XTのハードウェアエンコードでは、4K+30fpsに制限されてしまうので、4Kかつ60fpsで録れるのはソフトウェアエンコードのみでした。

また5700XTのハードウェアエンコードも試してみましたが、映像内に時折ブラックアウトが発生していたのは気になるところ。GeForceのほうが良いのかしら……。

 


こちらはHDRオフ。正直動画だとわからない……。気にしてもわかるか?というレベルです。

 

f:id:xmatz:20200311124050j:plain

ここからはおまけで、PS4が映らないと大騒ぎしているときに見つけたのですが、4K Capture UtilityをインストールせずにOBSで使うと、HDCPをオンにしたままキャプチャできるんですよね……。

赤線のソフトをアンインストールしても、同様の効果が得られます。

 

f:id:xmatz:20200311134548j:plain

 HDCPが必須のtorneもこの通り。つまりBDとかもゲフンゲフン……。

ただ、4K Capture Utilityでの録画はファイルの書き込みがおかしくなり、遡り録画もできなくなったのでご注意を。

 

使いやすさは問題なし。RADEONとの相性がよくなってくれれば尚良し

挿すだけで使えるというのは、導入のハードルも低くて非常にお手軽です。

キャプチャした映像も十分キレイでしたし、ソフトの安定性もまずまずでしょう。

4K 60fps(60Mbps)のソフトウェアエンコード時は、Ryzen7 3700XでCPU使用率5割程度なので、そこそこのスペックがあれば問題はないかと思われます。

個人的にはハードウェアエンコードを使いたいので、30fps制限の解除とブラックアウトの解消をお願いしたいところ……。

 

4K60 Pro MK.2

4K60 Pro MK.2

  • 発売日: 2019/09/12
  • メディア: Personal Computers