買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount レビュー

新年早々大きな買い物を……。結局買うなら早いうちがいいのです。

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount

f:id:xmatz:20200104160201j:plain

ツァイスのレンズを1つは欲しいと思っていたので、特に評判の良いBatis 2/40を購入。

キャッシュバックと年末のポイント関連キャンペーンで今が一番お得でしたね。

こちらの記事で購入していたレンズフィルターはこれの為でした。

 

f:id:xmatz:20200104160204j:plain

スリーブをスライドさせると、断面図の描かれた内箱が出てきます。

 

f:id:xmatz:20200104160206j:plain

しっかりとした緩衝材に包まれて、本体がお目見え。ソニーはえらい違いですね……。

 

f:id:xmatz:20200104160210j:plain

レンズフードと書類が同梱されています。気になるのは左下の検査証。

 

f:id:xmatz:20200104160212j:plain

なんとこちらのレンズは日本製なので、検査証の担当者の名前も日本の方でした。

 

f:id:xmatz:20200104160215j:plain

改めて本体を見ていきます。全体的にスラッとしていて滑らかな印象。無骨でないのでおしゃれに見えますね。

シール部分は有機ELのモニターが内蔵されています。

 

f:id:xmatz:20200104160218j:plain

左側面にはフォーカスリミッターの切替スイッチ。切り替えるのが面倒な場合、基本FULLでもいいものなのでしょうか。

 

f:id:xmatz:20200104160221j:plain

レンズフードをつけると曲線が更に際立ちます。

 

f:id:xmatz:20200104160235j:plain

レンズが小さいため、フードで存在感がかなり増してしまっていますが、システムとしてはコンパクト寄りになるのかなと。

 

f:id:xmatz:20200104160225j:plain

名前に冠しているCF(クローズフォーカス)の名の通り、かなり寄れるのが特徴。

ブログの物撮りとかにも役立ちそうです。

 

f:id:xmatz:20200104160228j:plain

マニュアル時(設定により常時表示可能)にはモニターに距離の指標が出てきます。

ただ、ファインダーを覗いている時は見えないし、機能的にはほぼ飾りといってもいいでしょう。

 

f:id:xmatz:20200104160231j:plain

披露するようなものがあまりないので先日レビューしたスタチューを撮影。

 

f:id:xmatz:20200104160233j:plain

ボケが非常にキレイですね。外に出てポートレート撮影をしてみたいところです。

 

高機動力&高画質。寄れるって便利!

最初の単焦点レンズはどれにしようかなと悩んだ結果のBatis 2/40 CFでした。

40mmというのはあまり聞き慣れないですが、広すぎず狭すぎず。撮影しづらい感じはありません。

軽さも相まって、色々と動いて撮影が楽しめそうです。

 

寄っても難なく撮影できるというのは、めちゃくちゃ楽ですね。SEL24105Gだけでブログ写真を賄うのは現実的ではない……。

AFも速い、明るい、キレイ。しばらくはこの2本で戦ってみようかなと思います。

 

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount

  • メディア: エレクトロニクス