買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

CIE 超軽量バックパック VARIOUS BACKPACK レビュー

数年ぶりに通勤用のバックパックを新調しました。

壊れたとかそれらしい理由がある訳でもなく、というか在宅ワーク中心なのでほぼ使わないんですけども……。

CIE 超軽量バックパック VARIOUS BACKPACK

f:id:xmatz:20201021232011j:plain

ある程度の防水(撥水)性と、ラップトップが入りそうなものを探していて、最初はRAINSのラックサック、TopologieのRansel Backpackを検討していましたが、調べているうちに微妙に思えてきたのでこちらを選択。

このCIEというブランドはmaster-pieceの元デザイナーの方が手掛けたブランドなのだそう。master-pieceよりもカジュアル感が強めですよね。

 

届いて思ったのは異様にペラペラだということ。H43×28×10cmというサイズに対して660gとやけに軽いと思っていましたが納得です。

 

f:id:xmatz:20201021232025j:plain

背中のクッションやベルトはやや薄め。ベルト幅も55mm程度とスリムです。

 

f:id:xmatz:20201021232030j:plain

マットなポリエステル生地は、見た目からして防水性が高そうですね。

前面のポケットは思っていたよりも深くて、500mlのペットボトルがぴったり入ります。ジッパーは止水タイプでした。

 

f:id:xmatz:20201021232034j:plain

メイン収納はバックパックの半分程度まで開きます。ジッパーを広げるためにバックルを外さないといけないのはやや面倒。

また、内側にポケットがあるのですが、名刺入れや財布が入るくらいの浅めな印象です。もう少し深ければ使い勝手がいいんですけどね……。

 

前面以外の生地は防水性がなさそうに見えますが、PVC加工されたナイロンとのことなので、そこまでの心配は無用とのこと。

ただ止水ジッパーではないので、ジッパーから染みることは考慮すべきでしょう。

 

f:id:xmatz:20201021232042j:plain

そしてこのバックパックの一番の特徴だと思うのですが、収納部分が物理的に分かれていて、2室用意されています。

バックルをすべて外すとどういう訳か、全開にすることができます。

 

f:id:xmatz:20201022000958j:plain

実用性抜群と言いたげに、この隙間には脱いだ上着などを挟む等と紹介されています……が、あまりにダサすぎて私にはできません……。

大きめのハイドレーションシステムを挟むのにはちょうど良さそうです。意外とバイクやサイクリングに使えるかも。

 

f:id:xmatz:20201021232044j:plain

メイン収納とサブ収納の間には、ポケットが1つ配置されています。

お財布を入れるのにぴったりな大きさです。

 

こういう位置にあるポケットって、もれなく右側についているのですが、左側の方が取りやすいと思うのは私だけでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20201021232046j:plain

サブ収納はジッパーではなく、ロールタイプになっています。

ジッパーと比べると少し面倒ですが、防水性が高いので個人的に好みです。

 

f:id:xmatz:20201021232048j:plain

サブ収納は、14インチラップトップであるThinkPad E495がギリギリ入るくらいの大きさでした。

今どきの13インチラップトップやiPad Proくらいであればすんなり入るでしょう。

  

軽さは大正義!PC用バックパックの候補に

今まで使っていたのが1kg超えのバックパックだったのですが、これなら飲み物を入れても重さは同等。

早速通勤に使ってみましたが、明らかに腰と肩への負担が減りました。非常に快適です。

 

背中のクッションは薄いと書きましたが、サブ収納のトータルの厚みがそれなりにある、かつ分離しているので、メイン側の収納物が背中にぶつかる感じはなし。長時間背負っても辛くありませんでした。

 

収納が分離しているというのはやや色物感がありますが、収納したものをしっかりと守ることができるので、意外と実用的だなと思いました。

他の物にぶつかることもなく、ペットボトルの中身が出てしまっても被害が出ない。

手厚く保護をしたいのであれば、PC用バックパックの理想型かもしれませんね。

 

改善してほしい点としては、ポケットの位置がやや上すぎるくらいでしょうか。

ポケットに物を入れると上の方からたわむので、立て掛けたときに倒れやすいんです。

もう少し下の方に重心を持っていける深さだと、安定感が出たんじゃないかなと。

 

気に入っている分、細かな不満が無ければなあ……と思いますが、それらを補うだけの魅力が「軽さ」にあると思います。

試しに今使っているバックパックの重さから660gを引いてみてください。

これに買い換えれば、その分の重さのアイテムが実質無負荷(?)で運べるんです。

とにかく軽量なバックパックを求めるのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。