買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpad for iPad(第7世代) レビュー

iPad ProのMagic Keyboardが良いなあと思っていたら、通常のiPad用にもトラックパッド付きキーボードが出ていました。

見れば見るほど理想的なアクセサリーだったのでサクッと購入。

Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpad for iPad(第7世代)

f:id:xmatz:20200502180913j:plain

Magic Keyboardの登場でiPad Proがラップトップを喰えるようになりましたが、通常のiPadもそれに続けと登場したのがこちら。

今のところはApple store専売です。ビックカメラで買えないかなと問い合わせて見ましたが、取り扱いができない商品とのことでした。独占期間みたいなものがあるんでしょうかね。

 

f:id:xmatz:20200502180917j:plain

内容物はケースとキーボード、マニュアル類です。

ファブリック素材で質感はいいですね。汚れを落としづらいという欠点がありますが……。

 

f:id:xmatz:20200502180923j:plain

iPadにケースを装着。かなりしっかりとした作りで、耐衝撃性も比較的高そうな印象。

 

f:id:xmatz:20200502180948j:plain

カメラ穴の辺りからも察せられるように、ケースはやや厚みが目立ちます。

表面にロゴがないのはシンプルでいいですね。

 

f:id:xmatz:20200502180928j:plain

本製品の推しポイントその1。音量ボタン側にはApple Pencilホルダーが用意されています。ケースと一緒に持ち運べるのは純粋に便利なんですよ。

また、ボタンのある部分はアイコンが象られています。やや硬そうに見えますが、そこまで力を入れなくてもしっかりと押せました。

 

f:id:xmatz:20200502180934j:plain

左側はSmart Connectorがあるので大きく欠き切られています。

 

f:id:xmatz:20200502180940j:plain

イヤホンジャックやマイクも使用可能。電源ボタンの押し心地も良好です。

 

f:id:xmatz:20200502180955j:plain

Lightning端子周りは、かなり大きめに穴が設けられているので、サードパーティのケーブルも問題なく使えそうです。

スピーカー部分は穴単位で開口しているケースも多いですが、音が籠もらないのでこちらの方が好みです。

 

f:id:xmatz:20200502181014j:plain

愛用しているマグネット式の充電アダプターも使用できました。

少しだけ干渉して歪んでいますが、正面から見ても違和感はなし。

  

f:id:xmatz:20200502181017j:plain

そして推しポイントその2のキックスタンド。

Surfaceライクなキックスタンド付きケースが何故こんなにも存在しないのか……。

この前レビューしたMOFT Xもいいものですが、私はこれを待ち望んでいました。

 

f:id:xmatz:20200502181019j:plain

画像の通り、スタンドの可動域はなかなか広めです。

タッチしてもしっかりと保持されていますが、Surfaceのようなカッチリとしたヒンジを期待するとがっかりするかも。

 

f:id:xmatz:20200502181030j:plain

そして推しポイントその3の脱着可能なキーボードです。

バックライト搭載、トラックパッドストローク感のあるキー、充電不要と、機能盛りだくさんな作りになっています。

 

キーボードは常時使うものではないので、気軽に取り外せるのは重要なポイント。

Magic Keyboardもマグネット接続ですので簡単に取り外せますが、その後剥き出しで運用するというのは、保護の観点から良いとは言えません。

キーボードを使わない時も保護できているのは、本製品の強みですね。

 

f:id:xmatz:20200502181034j:plain

全面ファブリックだと机によって滑ってしまうので、滑り止めは用意してほしかったところ。

 

f:id:xmatz:20200502181036j:plain

Smart Connector部分はマグネットでカチッと接続されます。

キーボード側を持って本体を持ち上げられるくらいの磁力ですが、簡単に取り外すことができます。

 

f:id:xmatz:20200502181045j:plain

キーボードは手前側にかけて低くなるような傾斜が設けられていました。

それにしてもフル装備だとかなりの厚みです。ハードカバーの手帳くらいありますね。

 

f:id:xmatz:20200502181046j:plain

見た目は完全にSurface Go。素晴らしい一体感です。

 

f:id:xmatz:20200502181135p:plain

修飾キーの配置も調整できました。Ctrl+スペースで日本語切り替えなのですが、左端じゃないと打ちづらいので地球儀マークと入れ替えています。

コピペなどのショートカットがCmd+αなのは、Mac譲りで慣れが必要な面倒ポイント。いや本当に面倒だ。

 

f:id:xmatz:20200502181133p:plain

ロジクールのソフトを入れると、バックライトの設定が変更できます。最新アップデートもないので、今のところはそれだけです。入れなくていいです。

 

限りなく理想に近いケース付きキーボードではあるが、スクロールに難あり

キーボードモードとタブレットモードを気軽に行き来できる、理想的なアクセサリーではないでしょうか。

ハードウェアキーボードで使用できるライブ変換もいい感じですし、仕事でもバリバリ使えそうです。

ファンクションキーもサポートしてほしいですが、難しいんだろうなあ……。

 

トラックパッドの操作も思いの外快適ではあるのですが、スクロールの動作がもれなく微妙。

 

素早く短く動かした際に、ピタッと止まってくれないんですよね。

イメージとして、動かしたときの加速が残っていて、指を離すとその余力で動いてしまう感じでしょうか。正直これでは使い物になりません。ストレスが凄いです。

実用的では無いくらいゆっくり動かすと加速がないので、勝手に動くようなことはありませんでした。

 

調べてみると、トラックパッドの設定が一般に加えてアクセシビリティにもあるようなのですが、このキーボードを接続してもアクセシビリティにポインタコントロールと言うメニューは出ません。

マウスを接続して、強制的にメニューを表示させることはできましたが、設定を切り替えても動作に変化はなし。

このキーボードを繋いでメニューが開かれないことから、アクセシビリティではトラックパッドが認識されていないと思われます……。

 

あとはスクロール方向の反転動作については、OS側でちょっと改善がほしい所。

何故かアプリを停止する際のアクションまで逆になってしまうので、下にスワイプすると上に向かって消えるという挙動になっています。

メニューを出す3本指ジェスチャーはタッチの時と同じなのに、ここだけ何故か逆になってくれる謎仕様。意味がわからない……。

 

あとはマウスカーソルが反応しなくなりアイコンが消失、再起動しないと復活しないなんてことも。OS側の問題なのかキーボード側の問題なのか、やや不安定に感じる部分もあり、今後に期待したいところです。

 

まあ最大の欠点は値段でしょう。2万円のキーボードってかなり上物が買えるんですよね。

第7世代iPad本体の約半額ということもあり、安くはない。というか高すぎます。

個人的には求めていたスタンドに、キーボード+トラックパッドという付加価値が加わっているので、いい買い物ではありましたが、オススメはし辛いですね。

Smart Keyboard Folioを買うくらいなら、こちらの方が幸せにはなれることでしょう。

 

キーボードだけであれば、そこそこお安いものも出ているようです。でもせっかくならトラックパッドを使いたい……。