買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイク(SVARTPILEN 401)にお金をかける人のログ。猫が増えました。

デュアルショック4 背面ボタンアタッチメント レビュー

これを使えばスカフコンは要らなくなるのか……?

 DUALSHOCK 4 背面ボタンアタッチメント

f:id:xmatz:20200116113713j:plain

サードパーティからは似たような怪しいグッズが色々と出ていましたが、純正から発売されるとは思いませんでした。

PS5が発売される年にこの製品を出すということは、きっとデュアルショック5にもパドルが用意されているんでしょうね。

 

f:id:xmatz:20200116113716j:plain

中身は本体とマニュアルのみ。非常に小型です。

 

f:id:xmatz:20200116113725j:plain

デュアルショック4についているアクセサリー端子に装着します。

私は充電スタンドユーザーなのですが、これ着けてると使えないんですよね……。

何度も脱着を繰り返すも微妙ですし、有線充電が安定でしょうか。

 

f:id:xmatz:20200116113728j:plain

ボタンのストロークは1mm程度でしょうか。形状もさることながら非常に押しやすいです。

柔らかすぎないので誤爆もなさそう。

 

f:id:xmatz:20200116113732j:plain

イヤホンジャックを搭載するために、こんなに膨らんでしまったんでしょうね。

搭載しないという選択肢はないでしょうし、仕方がないところ。

 

床置きしたときも、ギリギリでボタンが当たらない高さになっているのは流石ですね。

 

f:id:xmatz:20200116113738j:plain

電源を入れると自動的に起動します。画面部分はボタンにもなっており、長押しすることでキーのアサインが可能になります。

 

f:id:xmatz:20200116113740j:plain

 合計3つまでプロファイルが保存されるので、複数のゲームに活用できます。

 

ゲームによってはかなり使えるが、慣れは必要

スティックの押し込みや押し辛い位置にあるボタンなど、アタッチメントにアサインすることで、純粋に操作の負担を軽減できるのが良いところ。

本体だけで気軽にキー設定を変えることができるのも便利です。

 

ボタンは自然な形で指にフィットするので押しやすいのですが、自分の指がそこのボタンを押す動きに慣れていないので、少しだけ触って要らないと判断することがあるかもしれません。

結局の所、使えるか使えないかは慣れになってしまうので、頑張って使い続けることをオススメします。

3000円の代物ですし、2万円のスカフコンを買って投げるよりは、試す価値があるものなのではないかと思いますよ。

 

ネットショップはほぼ全滅ですが、不定期にAmazon在庫も復活しているっぽいので、手に入れたい方はこまめにチェックしましょう。

 

DUALSHOCK4 背面ボタンアタッチメント

DUALSHOCK4 背面ボタンアタッチメント