買ってから考える

ゲームとフィギュアとガジェットとバイクにお金をかける人のログ

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット GSP 500 レビュー

以前はボイスチャットをMDR-1Aのマイクでやっていたのですが、マイク位置が肩と擦れてガサついていたようで……久々のゲーミングヘッドセットをポチッとしてみました。

 

ゲーミングヘッドセットといえば、HyperXやらRazerが有名所として挙げられますが、ヘッドホン好きとしてはゼンハイザーが気になるところでしたので、今回はGSP 500です。

 

f:id:xmatz:20180430213131j:plain

姉妹品にGSP 600というのがありますが、大まかに開放型か密閉型かという認識で問題ないかと。GSP 500は開放型です。

 

これから暑くなるので開放型がいいかなーというのと、なにより最近発売したということで気になる人も多いのではと思った次第。

取り敢えず開けていきます。

 

f:id:xmatz:20180430213721j:plain

f:id:xmatz:20180430214307j:plain

付属品は書類諸々とケーブルのみ。布被覆で長すぎないので絡みにくくていい感じです。

ただヘッドセット側のプラグが独自規格なのが、個人的には残念ですかね……。

 

f:id:xmatz:20180430213759j:plain

黒ベースに赤アクセントでMDR-1Aかな?って感じですが、見た目はゲーミングヘッドセットらしいゴツさ。

銀色の部分は金属だったり、結構タフな作りになっているのではないかと。

お察しの通り、マイクは跳ね上げるとミュートになります。

 

f:id:xmatz:20180430214505j:plain

右ハウジング側には音量調整のダイヤルがあります。

ヘッドセット側に集約されているので、ケーブルの途中にスイッチボックスがありません。

 

f:id:xmatz:20180430215538j:plain

ハウジングのパンチングメタルから見えるドライバーは、開放型ならでは。

 

f:id:xmatz:20180430214809j:plainf:id:xmatz:20180430214812j:plain

GSP500は一般的なヘッドセットによくあるハウジング位置の調整だけじゃなく、頭頂部に側圧を調整できるスライダーを備えています。

長時間プレイするときは緩めにとか設定できるのは地味にありがたいです。

 

ここからは、ちょっと使ってみた雑感。4時間くらいオーバーウォッチをしてみました。PS4サンワサプライのUSBDACをつけて出力をしています。

 

まずは装着感。イヤーパッドはかなりハリがあってそう簡単には潰れなさそう。よっぽど横に飛び出た耳でもない限り、ハウジング側に当たるということはないでしょう。

ただ人によってはちょっと硬く感じるかもしれません。MDR-1A比では結構硬いなーと感じました。

逆に頭頂部のクッションは非常に柔らかくて、長時間プレイでありがちな頭が痛くなることはありませんでした。素晴らしい。

開放型らしく蒸れることもなく、装着感は良好な部類に入るのではないでしょうか。

 

次は音質面。開放型なのですが、地味に低音が強いです。

これはちょっと誤算というか、開放型特有の抜けた感じがなくて個人的には残念ポイント。MDR-MA900という開放型の名機と比較すると、かなりこもったように聞こえてしまうんですよねー。

逆に高音はトゲがなく、耳に刺さる感じがない。ドンシャリ慣れしていると、ちょっとパンチがない感じはしました。トータルで足音が聴きやすいように調整してるのかな……。

ゲーミングヘッドセットとしては充分なのかもしれませんが、リスニング用のヘッドホンとして使うと途端に頼りない感じです。

地味に密閉型寄りな音を出しつつ、開放型特有の蒸れない快適さが欲しい人にはいいかもしれません。

 

マイクは音質も指向性も平均以上で、チャット相手にも好評でした。この点はやはりゲーミングヘッドセットにアドバンテージがありますね。跳ね上げミュートもやはり便利です。

 

個人的には音質というよりも装着感が推しポイント。ついつい長時間プレイする人にはオススメしたいですね。

価格は実売27,000円前後なので、ゲーミングヘッドセットとしては高価格帯の部類ですが、快適さが第一なら良いお買い物になるかと思います。

 

GSP600も聴いてみたくなりますね……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

390DUKEでFDR-X3000を使うための長き戦い。

parka.hatenablog.com

 

購入から1ヶ月経ったFDR-X3000。

ドライブレコーダーとして買ったのはいいものの、新たな相棒である390DUKEを前にして、心は折れかけていました……。

まあ、映像を見てください。

RAMマウントのミラーステーからショートアームで撮っています。どうですか?グニャグニャですよね?

光学手ブレ補正がバイクの振動とあーだこーだして、画面が揺らいでしまうようです(購入者のバイクユーザーの中では結構有名なお話)。

特に単気筒で低回転だと振動も大きいので、この状態の映像しか撮れずでして。FDR-X3000の購入を若干後悔していました……。

 

ソニーから純正のオプションとしてモーターバイブレーションアブソーバーというものもでていますが、Amazonの評価は微妙。

百聞は一見に如かずと、もちろん買って試してみました。ゆらぎは若干収まるものの、別の問題が出てしまう等結果は散々たるものでした。

めげずにハネナイトというゴムシートを買ってみたり、家にあった耐震シートを挟んでみたりと、色々やってみたのですがゆらぎは一向に収まらない。

 

ハンドルマウントは諦めるかと、次はヘルメットマウントに逃げました。

人間アブソーバーの威力は絶大で、非常に綺麗な映像が撮れて満足満足……。

この使い方でも良いと思うんですよ。ただループ撮影はずっと回してなんぼなので、給電の問題はつきまといます。バックパックからモバイルバッテリーで給電していましたが、やはり鬱陶しい!

 

そこで、これでだめなら諦めようとあるモノを購入(撮影するのを忘れて、取り付けまでしてしまったのでこれで)。

 自転車用品のメーカー・DOPPELGANGERが出しているサスペンションマウントです。

斜めに入っているサスペンション部分が、アームに伝わる衝撃を吸収してくれる代物。

自転車用のアクセサリーなので、バイクの振動はどうなのという疑念はありつつも試してみました。

 

f:id:xmatz:20180421214655j:plain

f:id:xmatz:20180421214701j:plain

マウント位置の都合でカメラが若干斜めに固定されていますが、そこは妥協ポイント。

カメラマウントもミノウラのを新調!総課金額はもう忘れよう……。

セッティング裏話…取付時にゴムのサイズが合わなくて、オレンジのパーツが10cmないくらいの高さからタンクに落ちたんです。390DUKEの黒いタンクに。どうなったと思います?塗装剥げてました……。塗膜薄すぎ。

 

最後の希望を乗せつつ、今日走ってきました。

あのゆらゆらとしたゆがみがなくなって、映像として見られるものになっていませんか?

細かな振動を拾っているのは、カメラ側が軽すぎてサスペンションの浮き沈みが弱めなのかもしれませんね。

ハンドルにバーエンドを仕込むように、マウント側の重量をもう少し増やせれば改善できる……かも?

 

おまけにサスペンションマウントとモーターショックアブソーバーです。

ちょっと振動が多めなので、サスペンションマウントに直で良いと思います。

 


かなり回り道をしてしまいましたが、ようやくまともに使えるようになりました。

ソニーのアクションカムで振動ゆがみにお悩みの方、サスペンションマウントおすすめです!

 

こっちの方がカーボン調でカッコイイなぁ……。

HORNET ADVとBT GO UNIで走ってきました。

風が吹きすさぶ土曜日。待ちに待ったヘルメットとインカムのテストを実施してきました。

 

まずはHORNET ADV 。

60~80kmでの確認ですが、真正面を向いて走っている分には、風でバイザーが不意に煽られるということはありませんでした。きちんと抜けていっているようです。

ただ車線変更の確認時など、横を向くとグッと持っていかれる感じは確かにありますね。高速で飛ばす際は若干不安……。

 

風による煽りがとにかく怖かったバイザーですが、日よけとしてかなり機能します。

インナーバイザーが無くなってどうなるかと思いましたが、日中ならなんとかなりそうでなにより。

 

あと、思っていたより口元のエアインテークからの吸気が多く、かなり涼しいです。閉めていてもスースー漏れてくるくらいなので、冬場は寒いかもしれません。

逆に額の部分は抜けてるのか全くわからない感じなんです。今の所あまり気にはしていませんが……真夏にどうなのかな……。

 

そしてBT GO UNIですね。

以前は、インカムというか耳掛けイヤホンをバラし、スピーカー化して使用していたんです。それとの比較ですが……。

さすが専用品、すっげぇ聴こえる!

と語彙力がなくなるくらい違いがあってビビりました。もっと早く買えばよかった。

 

ヘルメット側のくぼみにスピーカーが入らなかったので、耳に当たる&メガネに干渉するかな?と思いましたが、HORNET ADVのチークパッドがしっかりしているので、そんなことも起きず一安心。

むしろ丁度いいくらいの距離になって聞こえやすくなってる可能性すらあります。

 

若干残念なのは、ボタンがグニャグニャしていて押しづらい点。

まあ、そんなに頻繁に操作するようなものでもないので妥協ポイントですかね……。もう少しカチカチっと操作できると良かったです。

 

BT GO UNIのボタン部分がほとんど出っ張らないので、カッコイイヘルメットのスタイルを壊さないのがなによりの長所ですね。持ち運ぶ時も引っかからず袋に入れられますし、小さいは正義です。

 

うん、いい買い物したな。

 

 

 

 

 

 

MIDLAND BT GO UNI レビュー

ヘルメットを新調したらインカムも付けちゃおう(浪費癖)。

B+COMは高いし、あまりに安いのはカッコよくないし……で、見つけたのがMIDLAND BT GO UNIでした。

割と最近発売だったようで、使っている人はあまり居なさそうですね。お値段も13,000円程度で比較的安価。

 

f:id:xmatz:20180413114533j:plain

特徴はなんといってもインカムらしさのない本体です。

インカムってどうしても付けてます感が出てしまうので、基本ダサいんですよね……。

 

f:id:xmatz:20180413115053j:plainf:id:xmatz:20180413115055j:plain

書類以外の内容物はこのような感じ。

マイクはフルフェイス用とジェット用の2種類付属します。

ジェット用にはBT GO JETという姉妹品もラインナップされているので、チェックしてみてください。

 

f:id:xmatz:20180413115752j:plain

セットアップで地味に辛かったのがスピーカー部分の大きさ。

ヘルメットのくぼみより若干大きいので、付属のベルクロだけだと微妙にしかくっつかない……。

あまりにプラプラなので、ベルクロの粘着テープ面同士をくっつけたスペーサーを作って、カサ増しして対処しました。

ケーブルやコネクタ周りはチークパッドで吸収されるので、割と雑でも大丈夫です。

 

f:id:xmatz:20180413115753j:plainf:id:xmatz:20180413115755j:plain

セットアップ後がこちら。かなりすっきりしていい感じ。

マイクはLINEの通話でも問題なく使用可能。マイク、スピーカーの音質も必要十分ではないかと思います。

ちなみに自動応答機能、ボタンによるLINEの着信はできませんでした。

 

まだ家の中でしか検証をしていないので、実際に聞いてみてどんな感じなのかは気になるところですね。

 

 

SHOEI HORNET ADV SEEKER レビュー

390DUKEに乗り換えたし、ヘルメットも新調してしまおうと購入。

ただのフルフェイスよりはバイザー付きの方がDUKEに合う気がする……で、オフメットライクなSHOEI HORNET ADVです。

 

f:id:xmatz:20180406162458j:plain

購入の重要なポイントだったカラーリング。

SEEKERの黒とオレンジの組み合わせは、DUKEの為に作られたといっても過言ではないでしょう。

口元はAraiのツアークロスくらいゴツいほうが好みでしたね。

 

f:id:xmatz:20180406162501j:plain

完全に見た目だけでバイザー付きにしましたが、風の影響がどれほどなのかは未知数。

人によってかなり印象が異なるようなので、次に乗る時が楽しみです。

 

f:id:xmatz:20180406162507j:plain

2箇所ある手回しネジを外してスライドさせるだけで、バイザーの取り外しが可能。

グラフィックもあるので、そこまでダサくはならないですね。

 

f:id:xmatz:20180406162509j:plain

振動がどうにもならないFDR-X3000用にヘルメットマウントのベースを付けておきました。

ヘルメットマウントに落脱防止のアタッチメントが付属していたのですが、紐だけ使ってバイザーのネジ部分に引っ掛けることで、見た目と安全性をアップ。

写真だとまだ見た目がちょっとアレですが、熱収縮チューブに通したら良い感じになりましたよ。

 

さてさてヘルメットも届いたし、プチツーリングでも行こうかなと思ったのですが、ありえないくらいの強風と来たる雨で乗る気もなくなってしまったのでした。完。

(バイザーの確認するならむしろ今か。)

 

 

ショウエイ(SHOEI) ヘルメットHORNET ADV マットディープグレー L (頭囲 59cm)
 

 

KTM 390DUKE 2018年モデル レビュー

2017年にモデルチェンジした390DUKEがカッコよかったので、2018年モデルの登場を待って購入。

2018年モデルは左側面のフレーム部分にプレートが付いたくらいのマイナーチェンジですが……。

 

パワーパーツはハンドガードとクラッシュバー、クラッシュパッド、スクリーンを付けてもらいました。

エルゴシートは2016年モデルまでは必須のような感じだったらしいですが、2017年モデルからはデフォルトとさほど差も無いということで今回は節約。

 

f:id:xmatz:20180319012643j:plain

車体は小柄で軽量です。以前乗っていたST250 E-Typeも非常に軽かったので、非力な身としては結構重要なポイントだったりします。

125ccモデルと同じフレームに373.2ccのエンジンを積む変態さには、ただただ興奮しかしませんね。

 あとミラーはヤマハのMTシリーズのものに変更しています。モノタロウで左右合わせて1万円ほどでした。

 

f:id:xmatz:20180319013951j:plain

転ばぬ先の杖としてクラッシュバーは付けました。黒にするとかなり紛れるので、見た目の守ってます感が薄れます。KTM感を出したいならオレンジでしょうけど……。

 

f:id:xmatz:20180319013935j:plain

昨年末にディーラーへ行った時点だとスクリーンのラインナップは無かったのですが、丁度最近発売されたようです。

2017年モデルのここだけはメーターむき出しでダサかったので、随分とカッコよくなりました。身体に当たる風もかなり軽減されますよ。いずれはもう少し大きくしたいかな。

 

f:id:xmatz:20180319015044j:plain

地味に初ABS車で安心安全。タイヤもメッツラーのM5だったり、足回りを考えたら390DUKEってかなりおトクなのではないでしょうか。

クラッシュパッドは後輪側はそんなにってことらしいので前輪側だけにしました。

 

f:id:xmatz:20180319015531j:plain

2017年のフルモデルチェンジで搭載された液晶のメーターは素晴らしい。日の差す昼間でもかなり見やすいですし、情報量もバツグンです。個人的には時計が嬉しいところ。

 

f:id:xmatz:20180319015604j:plainf:id:xmatz:20180319015539j:plain

スマホとペアリングすることで電話に出たり、音楽の操作が行なえます。正直ここの出来はそんなに良くない……。

Bluetoothの感度がそこまで強くないのか、ハンドルマウントのスマホと繋いでいても途中で切れたりしますし。

アーティスト、曲名も表示されますが英数字のみ対応です。

 

f:id:xmatz:20180319015543j:plain

左側のスイッチ類でスマホの操作します。Bluetoothの強さに起因するのか、DUKEの処理の問題なのかわからないですが、音楽の操作でいえばレスポンスが悪いです。

操作は↑を押すと曲送り、長押しすると音量アップします(なぜ長押し?)。

曲送りはまだ使い物になるのですが、音量操作がとにかく鬼門。

押した内容が数テンポ遅れて反映されるので、長押しの間合いをミスると爆音でもれなく耳が壊れますね。そして下げると下がりすぎる……。

 

あと再生アプリはGoogle Play Musicを引っ張ってくるようで、その他の音楽再生アプリだと動作が不安定でした。ここは色々と検証したいところ。

  

慣らしがてらRAMマウントでFDR-X3000を付けて走ってみたのですが、振動が凄すぎてゆらゆらした映像しか撮れてませんでした。

モーターバイブレーションアブソーバーのAKA-MVAを付けてもうーんって感じなので、取り付け方はちょっと考えないとダメそうです。

最終手段はヘルメットマウントかな……充電が面倒くさいけど……。

 

ソニー アクションカム FDR-X3000 レビュー

バイク用のドライブレコーダーとして買ってみました。

FDR-X3000は2016年のモデルなので「そろそろ新型が出るのでは?」と容易に想像できるのですが、まぁ出たら買い換えれば良いわけですから……(暗示)。

 

GoProなども選択肢にあったのですが、光学手ぶれ補正の効果が非常に魅力的だったので、まずはソニーに決定。

悩みどころとしてはもう一段階あって、4K非対応のFDR-AS300の存在です。

まあ他の人に薦めるならAS300でも充分だとは思いますが、フルHDのハイフレームレート、4Kの付加価値で1万円の違いならX3000で良いかなとこちらを選択。

悩んだらとりあえずフラグシップモデルを買っておけばいいんです。

 

と、今回は開封だけです。使用編は忘れていなければ、また後日に。

 

f:id:xmatz:20180309120832j:plain

基本的に付属の防水ケースを使う気はないのでMCプロテクターも購入しています。

 

f:id:xmatz:20180309121108j:plain

紙類を除けば中身はこれだけ。非常にシンプルですね。個人的にはUSBケーブルも、アタッチメントもいらないのですが、無いと文句が出るんだろうな……。

あとバッテリーがXバッテリーだったのも購入の後押しになりましたね。手持ちのサイバーショットと兼用できるのはありがたい。

 

f:id:xmatz:20180309122252j:plainf:id:xmatz:20180309122250j:plain

まずはセットアップ。速攻でMCプロテクターを装備。

底面にメモリーカードスロット、左側面にバッテリースロットです。パッキンもしっかりしているので、普段使いなら防水ケースは使わないで余裕でしょう。

 

f:id:xmatz:20180309122228j:plain

白いボディにZWESSのロゴが映えます。

MCプロテクターは前機種の方がスリムで良かったのですが、どうしてこんなに幅広になってしまったのでしょうか……。

 

f:id:xmatz:20180309122256j:plain

液晶は必要最小限。本体だけで細かい設定もできますが、スマホから設定するのがやりやすいし、わかりやすい。

あ、側面のボタンがゴムだったのは残念なポイントです……。汚れて黄ばむ気しかしない。

 

f:id:xmatz:20180309122258j:plain

背面にはmicroHDMI、microUSB、マイク入力端子を装備。

基本的に給電しながら使うので、次機種ではキャップレス防水にしてほしいところですね。

 

f:id:xmatz:20180309122304j:plainf:id:xmatz:20180309122308j:plain

撮影確認のランプは3箇所。流石にうざいので設定で背面の1箇所だけに絞りました。

 

動作確認がてら手持ちで撮影してみましたが、手ぶれ補正は本当に優秀ですね。

夜間も強いみたいなので、バイクに付けて走るのが楽しみです。